ソフトバンクiPhone 6をスマートキングXXでSIMロック解除【17年12月最新】

  • 公開日:2017/12/17
  • 更新日:2018/10/24

万能でとても使いやすかったSIMロック解除アダプタ「スマートキングX」が突然のAppleによる対策により、使いづらくなっていましたが、さらにその対策を回避できるSIMロック解除アダプタ「スマートキングXX」が登場していました。このスマートキングXXを調査しソフトバンクiPhone 6を実際にSIMロック解除してみました。

この記事は約 分で読めます。(文字)

ソフトバンクのiPhone 6をスマートキングXX(SmartKing XX)でSIMロック解除できるのか?

先日、2017年10月5日辺りまで万能に使えてきたSIMロック解除アダプタ「スマートキングX(SmartKing X)」が突然使えなくなり、たくさんの問い合わせがSIMハピに寄せられていました。

問合せ内容は主に「アクティベーションができない」、「アクティベーションができなくなった」という問い合わせです。SIMハピはスマートキングのメーカーではありませんので、明確な原因はわかりませんが、独自に調査した結果、どうやらAppleがSIMロック解除アダプタに対してなにか対策を施したようだということが分かりました。こうなってしまうと、お手上げで、SIMロック解除アダプタを販売しているページでは急遽設定方法を更新する対応に追われていたようです。

緊急で対策された新しい設定方法では、SIMロックの解除はできるものの、テザリングが使えない状態になり、圏外病になってしまう人もいました。

筆者もテストのため、iPhoneからSIMを取り出して再びスマートキングXをセットしましたが、自動設定はできなくなっており、泣く泣く手動設定をしたものです。しかし、手動設定ではテザリングが必要なのにテザリングが封じられていました。

また、アウトドアをすることが多く、ドコモの電波でなければ困ることが多いため、ソフトバンクやauの回線を使うことに抵抗があり、新しいiPhoneを買うかどうかとても悩みました。

最近になって、ふとアマゾンを覗いてみると何やら、スマートキングXが新しくなっており、Appleの対策をさらに対策できるようになっていました。たびたびアマゾンは覗いていたのですが、パッケージが同じなので見過ごしていたようです。

新しいスマートキングXはスマートキングXX(SmartKing XX)となりマイナーチェンジながら性能UPということです。販売ページには新しい設定方法も書かれておりましたので、まず、旧スマートキングXで同じ設定を試みてみましたが、まったく設定できず、新しいスマートキングXX(SmartKing XX)を購入してテストしてみることにしました。

スマートキングXX(SmartKing XX)をソフトバンクiPhone 6に使った結果と環境

さて、長い話もなんなので、まずスマートキングXX(SmartKing XX)で何がどうなったのかを伝えたいと思います。これが分からなければ、この先を読む意味があるのかどうか分かりませんからね。

SIMロック解除の結果

まずは、スマートキングXX(SmartKing XX)を使ったSIMロック解除の結果です。

  • 電話(着信、発信)問題なく動作OK
  • SMS 問題なく動作OK
  • 4Gインターネット 問題なく動作OK
  • テザリング 問題なく動作OK

なんと上記の全ての機能が利用できました。個人的に一番大きいのはテザリングができたことです。 スマートキングXX(SmartKing XX)は11月14日あたりに取り扱い開始していて、その頃には自動SIMロック解除ができていたようですが、12月6日にまたAppleの対策が入ってしまったようです。そこで手動による設定を必要とするようになりました。

手動設定になるとテザリングができないタイプのSIMロック解除になると思われていたのですが、今回の手動設定によるSIMロック解除でもテザリングまで使えるオールSIMロック解除になっていました。

SIMロック解除の環境

次に今回のSIMロック解除を行なった環境を紹介します。

  • iOS 11.2.1
  • ソフトバンク iPhone 6 (SIMロックあり)
  • スマートキングXX(SmartKing XX) 改良版
  • LINEモバイル(音声付きSIM、1GB)

現状最新のiOS11.2.1をSIMロック解除してみました。新しいスマートキングXはスマートキングXX(SmartKing XX)改良版とスマートキングXX(SmartKing XX)(海外版/ソフトバンク/auq/docomo)と2つのタイプがあったのですが、どちらでも同じ結果が得られました。

今回はスマートキングXX(SmartKing XX) 改良版で進めていきます。

スマートキングXX

今回使ったスマートキングXX(SmartKing XX)はこちらから購入できます。

旧スマートキングXとパッケージはまったく同じなので間違えて買ってしまうと設定できません。必ずこのリンクから購入するようにしてください。購入ミスを減らせます。

amazonのレビュー等で散見される注意点

スマートキングXXだけでなく他のSIMロック解除アダプタもいろいろと見て回った結果さまざまな注意点を見つけました。スマートキングXX(SmartKing XX)に当てはまらない点もあるかも知れませんが、同じSIMロック解除アダプタなので気をつけておくと良いでしょう。

SIMとスマートキングXX(SmartKing XX)はセットにする。一度使ったらその組み合わせ以外にはしてはならない

スマートキングXX(SmartKing XX)でSIMロック解除が成功すると他のiPhoneでも試して見たくなりますが、組み合わせを変えることになるので、テストしてはなりません。

基本的に格安SIM、スマートキングXX(SmartKing XX)、iPhoneはワンセットにしてください。組み合わせを変える場合は、スマートキングXX(SmartKing XX)を新調してください。組み合わせを変えて使っているとAppleに察知されやすくなり対策の原因になってしまいます。

ただ、テスト中にもともと圏外病になってほっといていたLINEモバイルのSIMカードを使っていたためアクティベートした後も圏外でした。そのため一度SIMを抜いて復帰させ、再度iPhone 6に装着しましたが、再びアクティベーションになることはなく、そのまま使うことができした。

できる限りアップデートは控えた方がいい

また、auのiPhone 5sにもmineo DタイプのSIMカードとスマートキングXXをセットしたまま、iOS11.0.1をiOS11.2.1にアップデートしましたが、アップデートが終わるとそのまますんなりと使うことができました。ただ、大型アップデート等の場合はアップデート後にアクティベーションが必要になることもあります。その場合にスマートキングXX(SmartKing XX)やその他のSIMロック解除アダプタの対策もされていたりするので、できる限りアップデートは控えた方がいいでしょう。

SIMカードの抜き差し、スマートキングXX(SmartKing XX)の再設定、iOSのアップデートはできる限り避けてください。

スマートキングXXの設定

では、スマートキングXXの設定手順を公開します。アマゾンのページや公式のページでも図解での説明は無く分かり辛かったので、SIMハピはSIMロック解除の重要なところを図解で説明します。

設定1:オールリセット

まず、iPhoneは一度完全リセットをします。つまり初期化、工場出荷状態に戻します。バックアップをとってから行なってください。

初期化後に初期設定をします。この時アクティベーションが必要になります。このアクティベーションは契約の切れたSIMカードでもアクティベーションSIMでも構いません。ちなみに今回スマートキングXX(SmartKing XX)を買ったらアクティベーションSIMが付いてきていました。

設定2:APNの設定

APNを設定します。契約した格安SIMのAPNを設定してください。ここではLINEモバイルのAPNを例として設定します。

LINEモバイルのAPNをインストール

利用する格安SIMカードによってAPNプロファイルは変わりますので格安SIMカード専用のプロファイルをインストールしてください。

LINEモバイルをお使いの人は下記「LINEモバイル iPhone用APNページ」へアクセスしてAPNプロファイルをインストールしてください。

※必ずSafariを使用してAPNプロファイルをインストールしてください

その他の格安SIMカードをお使いの人は「各格安SIMカードのAPNプロファイル一覧ページ」へアクセスして契約中の格安SIMカードのAPNプロファイルをインストールしてください。

LINEモバイル iPhone用APNページへアクセスしたらダウンロードURLを選択します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

次にプロファイルインストール画面に変わりますので右上の「インストール」を選択します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

警告の画面に変わりますので、そのまま「インストール」を押します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

再度、「インストール」を押します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

最後に「完了」を押してください。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

設定3:スマートキングXXの設定

次にSIMカードとスマートキングXX(SmartKing XX)をセットします。図のようにセットしてください。

次にiPhoneから元々と入っているソフトバンクのSIMカードを取り出し、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「スマートキングXX(SmartKing XX)」と「LINEモバイル」の格安SIMをセットします。

まず、iPhoneや、スマートキングXX(SmartKing XX)に付属のピンを用意します。

iPhoneとピンの画像

iPhoneの側面等に写真のような穴がありますから力強く付属のピンを差し込みます。

iPhonesim1

ピンを差し込むとSIMスロットが出てきます。

iPhonesim4

格安SIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「スマートキングXX(SmartKing XX)」を重ねてSIMスロットにセットします。重ねるときはチップ面が合わさるように重ね、角が斜めに欠けたところが同じ位置に来るようにして重ねてください。

simrock1

SIMスロットにもLINEモバイルのSIMカードや、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「スマートキングXX(SmartKing XX)」と同じく角が斜めに欠けたところがあります。この角が斜めに欠けたところにSIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「スマートキングXX(SmartKing XX)」の方向を合わせてセットしてください。

simスロットへのセット画像

少しSIMカード部分が厚くなりますが、そのままiPhoneに戻します。iPhoneの電源は入れたままでセットするのが大事なポイントです。

iPhonesim4

設定4:アクティベーション

iPhoneがアクティベーション画面に切り替わります。Wi-Fiに接続しそのままアクティベーションを行います。了解を押してください。

LINEモバイルのアクティベーションロック画像

次にiPhoneのホームボタンを押してください。Wi-Fiに接続する画面になりますのでWi-Fiの設定を行ってください。ここで気をつけることが一つあります。ホームボタンを押しすぎるとアクティベーションが進まなくことがありますので、一度押したらiPhoneが動くまで待ってください。

もしも、アクティベーションが止まって進まなくなったようであれば、もう一度SIMカードを取り出し、はじめから設定を行います。

おそらく大半の人は、「SIMが無効です」の状態になります。

SIM無効の画像

そのためこの画面のまま、iPhoneのホームボタンを押し、緊急電話を呼び出します。

緊急電話の画像

緊急電話の画面になったら、「*5005*7672*88#」と入力し、通話ボタンをおします。

ダイヤルの画像

ダイヤルすると以下のような画面になります。この画面ではICCIDを入力します。ICCIDは決められていますので間違いなく入力をしてください。ICCIDは「89010000000000000011」です。「8901(0が14個)11」です。入力が終わると緊急電話の画面に戻ります。

2018年1月9日から新しいICCIDに変更されています。「8901000000000000001F」でSIMロック解除を行なってください。

ICCID入力画像

設定5:SIMトレイを軽く抜く

緊急電話の画面のままで、SIMトレイを軽く抜きます。全部抜いてしまうと接触不良によって初めから操作しないといけなくなることもありますので少しだけ出す程度にしてください。iPhoneのSIMカード認識を一旦解除し、「SIMなし」にします。そして再びSIMトレイを差し込みます。すると再びアクティベーションの画面になります。そのままアクティベーションを進めると完了できます。

今回のスマートキングXX(SmartKing XX)はICCIDでSIMロック解除

今回のスマートキングXX(SmartKing XX)はICCID(製造番号)を手入力してSIMロック解除するようになっています。

製造番号を使うことでアクティベートを実現

ICCID(製造番号)を利用してアクティベートするということはこの、「89010000000000000011」というICCIDはSIMフリーなのでしょう。仕組み自体の詳しいことは分かりませんが、Appleの場合、購入時にICCIDを登録し、どのキャリアのiPhoneになったのか管理されるようになっています。そのためこの番号が今後増えるとまた対策されるようになる可能性があります。

アップルの対策が早い

以前スマートキングXX(SmartKing XX)が発売してから対策されるまでは7ヶ月くらいの時間があったように思います。しかし、今回は1ヶ月でAppleが対策をしてきました。おそらくいたちごっこになるとは思いますが、今後も対策を打ち出してくると思われます。

なのでiOSのアップデートはできるだけしないことやアクティベーションが発生するようなことは避ける必要があります。

SIMロック解除アダプタよりも普通に使える格安SIMを選んだ方が吉かも

スマートキングXX(SmartKing XX)のようなSIMロック解除アダプタはAppleに対策されてしまうようになるため、本来は推奨できるものではありません。一時的な方法です。本来はiPhoneを新調するか、各iPhoneにあった格安SIMを使うべきです。

auのiPhoneならUQモバイル

auのiPhoneならUQモバイルがいいです。mineoもいいのですが、UQモバイルだとテザリングまで使うことができます。月額料金は少し多くなりますが、速い通信速度、テザンリングまで使えるau iPhone対応の格安SIMは他にはありません。

ドコモの電波でないといけない事情があったりする以外はUQモバイルで使いましょう。

ソフトバンクのiPhoneならb-mobile

今はソフトバンクのiPhoneもSIMロック解除は必要なくなっています。b-mobile Sシリーズの格安SIMを使えば、確実に使えます。ただ、テザリングは封じられているのが残念なところです。テザリングにこだわりがないのなら、b-mobile Sシリーズを使って見てはいかがでしょうか?

どうしてもテザリングが・・・という人は一時的にスマートキングXX(SmartKing XX)を使ってSIMロック解除を行い、ゆくゆくはSIMフリーのiPhoneを買って使いましょう。

まとめ:ソフトバンクiPhone 6をスマートキングXXでSIMロック解除【17年12月最新】

ソフトバンクiPhone 6スマートキングXX(SmartKing XX)によって再びSIMロック解除が可能になりました。いつ対策されるのかちょっとドキドキですが、一度アクティベートをクリアしていれば対策後も使い続けることはできるようです。実際以前のスマートキングXでSIMロックを解除したiPhone 5は未だに止まることなく動いて全機能を使うことができています。

つまり対策後にアクティベートが必要になった場合が一番困るということです。ある朝起きたら、スマートキングXX(SmartKing XX)が使えなくなっていたから、アクティベーションできなくなってしまった・・・ということにならないように、SIMの抜き差しは原則禁止で使ってください。

いろいろと対策されていくのが怖い人は、UQモバイル、b-mobile S等の格安SIMを使いましょう。仕事などで使っていてある日突然利用できなくなるのでは困りますからね。

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次