ソフトバンクのiPhoneで快適に使える格安SIM「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」

  • 公開日:2017/11/07
  • 更新日:2018/08/04

ソフトバンクのiPhoneでそのまま使える格安SIM「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」が2017年11月2日から発売されました。以前の「b-mobile S スマホ電話SIM」よりも安く使え、やっと、ソフトバンクのiPhoneでも快適に利用できる格安SIMの登場しましたので紹介します。

この記事は約 分で読めます。(文字)

ソフトバンクiPhone対応 「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」

b-mobileから新たに発売されたのは「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」です。ソフトバンクの電話、インターネット回線を使ったサービスです。

最大のメリットはソフトバンクのiPhoneでそのまま使える

b-mobile S 990ジャストフィットSIMはソフトバンクのiPhoneでの利用を第一に考えた格安SIMサービスです。ソフトバンクで購入したiPhoneはiPhone 5シリーズ以降であれば使えるようになっています。

動作対象のソフトバンクiPhone

動作対象のiPhone
iPhone 5
iPhone 5c
iPhone 5s
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone X

SIMロック解除の必要性がないので、古いiPhoneを利用したい人にはぴったりです。ここが、「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」の一番の魅力です。ソフトバンクのiPhoneならSIMロックの有無関係なく使うことができるのですから。

最近の人に多い傾向は使い慣れたiPhoneだから機種変更する必要を感じないのでこのまま使い続けたいパターンです。もちろん節約もあると思います。

ソフトバンクの契約を継続してもずっと同じiPhoneを使い続けることはできます。でもコストパフォーマンスで考えると良い結果にはなりませんね。ソフトバンクで契約を継続する場合、2年ごとに機種変更をする場合には少々メリットがあります。しかし、同じ機種を使い続けるのであれば特にメリットがありません。

ソフトバンクのプランでなければライフスタイル、ビジネススタイルでの月額料金が増えてしまうという場合なら契約を継続すべきですが、希なケースで、特にそういった理由がないのであれば、「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」に乗り換えをする方がお得です。

ソフトバンクのiPhone 6を使っている人はまだいます。残念ながら今では下取りに出しても中古に出してもなかなか良い値段での引き取りはありません。iPhone 5なんかだとソフトバンクの下取り価格は500円くらいだそうです。機種変更の足しにすることもできませんから売らずに持っておくか家族の誰かが使うことになる場合も多いでしょう。そういった場合にもb-mobile S 990ジャストフィットSIMは十分に活躍できます。

提供サービスは電話とインターネット

「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」は電話とインターネットのサービスを提供をする格安SIMです。

逆に、データ通信だけのサービスはしていません。データ通信だけの契約がしたい場合はb-mobile S 開幕SIMを選んでください。b-mobile S 開幕SIMは下記ページでも詳しく解説しています。

「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」は同じようなサービスに「b-mobile S スマホ電話SIM」があります。両者の違いはこの後紹介します。「b-mobile S スマホ電話SIM」は下記ページでも詳しく解説しています。

料金は「おかわり」制

b-mobile S 990 ジャストフィットSIMの料金を見てみましょう。なんと、通話、通信、SMS揃っていて990円から使える様になっています。驚異的な安さです。

b-mobile S 990ジャストフィットSIMは従量制の格安SIMサービスとなっていて使った通信量に対して請求が確定します。スタートの990円には1GBの通信容量が含まれており、そこから1GB毎の超過に対し500円の追加料金が発生します。上限は10GBです。1GBで考えると全部で990円なので500円分が通信量、440円が電話基本料金になるのでしょうか。電話基本料金440円は格安SIMの中でも非常に安い価格設定です。

通信量 月額料金
音声通話機能付きSIM
SMS付き
通信速度
1GB 990円 下り最大350Mbps/上り最大50Mbps
2GB 1,490円
3GB 1,990円
4GB 2,490円
5GB 2,990円
6GB 3,490円
7GB 3,990円
8GB 4,490円
9GB 4,990円
10GB 5,490円
11GB 5,840円
12GB 6,190円
13GB 6,540円
14GB 6,890円
15GB 7,240円

これまでソフトバンク回線を使う格安SIMは他よりちょっと高い料金設定でした。もともと数が多くないソフトバンク回線対応格安SIMなので高い料金が当たり前のように思っていましたが、今度の「b-mobile S ジャストフィットSIM」の料金は十分安い料金で使うことができます。とっても経済的で格安SIMとして非常にGood。

1GBなら1,000円未満の料金で、格安SIMの中でも最安と言えるレベルにコストを抑えています。3GBくらいになると他の格安ISMに比べて少し高いかなと思う金額になりますが、以前のプランと比べ気になるレベルではありません。段階従量制のシステムなので使いすぎて気がつくと高額になってしまうというマイナス面はありますが、いつもと同じパターンで使うのであれば大きく料金が変化することはないと思います。

普段、1GB〜3GBあたりを使っている人の場合はこの格安SIMが一番向いていると言えます。6GBくらいになってしまうと他の格安SIMにくらべて随分高く感じる様になってしまいますが、今まで格安SIMで利用しにくかったソフトバンクiPhoneがそのまま使えることを考えるとコストパフォーマンスは十分です。

契約は5ヶ月が最低契約期間

b-mobile S 990ジャストフィットSIMには電話の契約が必須です。電話の契約が必要ということは他の格安SIMと同じで、契約期間の設定、違約金の設定があります。

契約は5ヶ月が最低利用期間になっていて、5ヶ月以内に解約すると違約金8,000円がかかります。しかし、ドコモ回線の格安SIMは通常12ヶ月で10,000円くらいの違約金が発生するようになっているので、比べてみたらそんなに苦になるような契約期間でも違約金でもありません。

テザリングはできない

b-mobile S 990ジャストフィットSIMはテザリングができません。ソフトバンクが格安SIMに対してテザリングを許容していないためです。b-mobile S 開幕SIMやb-mobile S スマホ電話SIMでも同じようにテザリングはできません。

5分かけ放題も使える

b-mobile S 990ジャストフィットSIMのオプションには5分かけ放題オプションがあります。契約は選べるようになっています。

追加の月額は500円。b-mobileの電話アプリを使って電話をかける方式になります。かけ放題設定時間5分を過ぎた場合は30秒に対し10円の通話料金が発生します。

通信速度は十分

b-mobile S 990ジャストフィットSIMの通信速度を測ってみました。

b-mobile S 990ジャストフィットSIM12:00の速度の画像 b-mobile S 990ジャストフィットSIM12:15の速度の画像 b-mobile S 990ジャストフィットSIM12:30の速度の画像 b-mobile S 990ジャストフィットSIM12:45の速度の画像

お昼の時間の速度ですが、いつ測っても20Mbpsを記録することができます。これだと本家ソフトバンクの格安ブランドY!mobileにも十分対抗できますし、格安SIMの中でも1、2位を争うことができるでしょう。

b-mobileってどうなの?評判は?

今までは正直b-mobileというだけで使えない格安SIMの会社というイメージがありました。国内でも早くに格安SIMを始めていたのですが、通信速度に至ってはほぼ使えない速度だった過去があり、全体的に評価は低い状態でした。それは格安SIMがブームに乗ってきた時点でもそうだったのでそのイメージを長くひきづっています。

その原因の一つに「無制限通信プラン」の提供があるのではないかと思います。通信無制限と聞くと一番おトクでなんでもできるプランのように思えるのですが、実際はそうではありません。格安SIMですから、安い料金で無制限を実現しようとします。しかし、料金設定が安いので無理がかかり、通信設備をしっかりしたものに整えにくいことは容易に想像できます。

つまり、通信無制限で契約した人が多くなるにつれ、どんどん通信設備はオーバーワークになり、通信速度は低下の一方をたどることになります。これがb-mobileの低評価を招いた1つの原因なのではないかと思われます。

しかし、今回のソフトバンク回線格安SIMについてはしっかりと安くても容量に合わせて料金設定も上がる様になっていますから、以前よりも通信品質はしっかり保持できていくと考えられます。上記の通信速度結果からも最低でも今のドコモ回線格安SIMレベルの通信速度は維持されると思われます。

おとらくそれに伴ってb-mobileの評価も上がっていくと思います。

b-mobile S スマホ電話SIMよりも安い!

ではほとんど同じサービスの「b-mobile S スマホ電話SIM」と「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」を比べてみましょう。

b-mobile S スマホ電話は少し高めの料金

b-mobile S スマホ電話SIMの料金とb-mobile S 990ジャストフィットSIMを比較した表が以下になります。

b-mobile S スマホ電話SIMの方は5分かけ放題を使わない契約もできますので、どちらも5分かけ放題 月額500円を差し引いた形で比較しています。

容量 スマホ電話SIM 990ジャストフィットSIM 差額
1GB 1,950円 990円 600円
2GB 2,300円 1,490円 810円
3GB 2,650円 1,990円 660円
4GB 3,000円 2,490円 510円
5GB 3,350円 2,990円 360円
6GB - 3,490円 -
7GB - 3,990円 -
8GB - 4,490円 -
9GB - 4,990円 -
10GB - 5,490円 -

全体的に新しいb-mobile S 990ジャストフィットSIMの方が安くなっています。GB数が増えるに従って差額は少なくなっていますが、b-mobile S 990ジャストフィットSIMを使った方が安くて良いですね。

すでにb-mobileのホームページでもb-mobile S 電話SIMの方は宣伝されておらず、リンクが見つからない状態になっています。今後はb-mobile S 990ジャストフィットSIMを前面に押し出していくのでしょう。

この料金から考えればわざわざ料金が高く通信量上限も低いb-mobile スマホ電話SIMを契約するメリットはほとんどありませんので当然だと思います。

違約金に違いがある

ただ、一つb-mobile S スマホ電話SIMの方が良かった点があります。それは違約金です。b-mobile S 990ジャストフィットSIMは最低利用期間5ヶ月で違約金は8,000円に設定されていますが、b-mobile S スマホ電話SIMの時は最低利用期間、違約金は設定されていませんでした。いつ解約してもOKだった点は良い所でした。

とはいえ、5ヶ月程度なので多くの人はあっという間にこの期間を通り過ぎることでしょう。

まとめ:ソフトバンクのiPhoneで快適に使える格安SIM「b-mobile S 990 ジャストフィットSIM」

新しく始まったソフトバンクのiPhoneでそのまま使える「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」は、ドコモ回線の格安SIMの料金設定と並ぶようになりました。ソフトバンクのiPhoneを使っている人は使える格安SIMが少ない、格安SIMにしても結構高いというドコモ格安SIMに対してメリットが薄い状態でしたが、その差も縮まっています。

SIMハピではスマートキングXでのSIMロック解除を検証し進めてきましたが、最近ではスマートキングXでのSIMロック解除に対策が施されて安定した利用ができない人もいます。そんな場合はこのb-mobile S 990ジャストフィットSIMを使ってiPhoneを利用するという考えに変えましょう。従量制のサービスなのでプランに迷う必要もありませんし、価格や機能的にも充分満足できる格安SIMの1つになりました。気になった人は今すぐ公式ページをチェックしてみましょう。

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次