マイネオのフリータンクを有効活用して1GB増量と長期繰り越し方法!

  • 公開日:2017/08/22
  • 更新日:2018/08/04

マイネオ(mineo)のパケットギフト機能、マイネ王のフリータンク機能、これを両方合わせて使うとマイネオ(mineo)の通信容量を毎月最大1GB増やすことができます。また、毎月通信容量が余ってしまうという人もパケットギフト使うようにすれば、永遠に通信容量を繰り越すことができるようになります。

パケットギフト、フリータンク、この2つの機能を使ってマイネオ(mineo)をより賢く便利に使い、確実に無駄を省いて徹底的に使い倒しちゃいましょう。


この記事は約 分で読めます。(文字)

マイネオ(mineo)のフリータンクはSIM複数枚で使うのが一番便利!

マイネオ(mineo)のファンサイト「マイネ王」ではフリータンクという通信容量が足らない時に無料で毎月最大1GB貰える機能があります。

このマイネオ(mineo)のフリータンク、実はもっと賢く使う方法があります。この方法を使えば通信容量は毎月どんどん貯まり続けることになりますから通信容量が不足することも無くなりますし、プランを下げて節約することもできるようになります。

パケットギフトとフリータンクを賢く使えば通信容量が貯まりまくる

パケットギフトとフリータンクを使うと、通信容量が毎月貯まって貯まって使い切れないくらいになります。わざわざYouTubeを垂れ流しして通信容量を消費させることもあるくらいです。

マイネオ(mineo)のパケットギフトとフリータンクをうまく使う方法

まずは早速マイネオ(mineo)のパケットギフトとフリータンクをどう巧く活用すれば通信容量を増やしていくことができるのか説明しましょう。

パケットギフトで家族や友人に通信容量をギリギリまで送ろう

マイネオ(mineo)にはパケットギフトという機能があります。パケットギフトの概要については後ほど説明しますが、簡単に説明すると「通信容量を他人に送ることができる」機能になります。

このパケットギフトを使って今ある通信容量を家族や友人に送ります。マイネオ(mineo)にはeoIDという申し込みの時に必ず作るIDがありますが、自分が使っているIDとは違うeoIDを使っている人に送ってください。パケットギフトで送れる通信容量は10MB単位です。できるだけギリギリの通信容量を送りましょう。

mineoのマイページの画像
毎月通信容量を増やすために必要なもの

パケットギフトはパソコンからしか使えません。つまりパソコンと自分のeoIDとは違うIDを持っているマイネオ(mineo)ユーザーが必要になります。

フリータンクから1GBをもらおう

パケットギフトで通信容量を送ったら自分の通信容量は100MB以下になるはずです。100MB以下になったらフリータンクから1GBを引き出しましょう。

フリータンクは通信容量がある程度余っていると最大の1GBまで引き出すことができません。できる限り通信容量を減らすことが大切です。

フリータンク引き出し画面の画像

家族友人からパケットを返してもらおう

フリータンクから1GBを引き出すことができたら通信容量を送った相手からパケットギフトですぐに返してもらいましょう。

フリータンクから引き出した1GBは翌日以降に反映されます。ですが、引き出しを行ってしまえば必ず1GB貰えますから通信容量を返してもらっても大丈夫です。元の通信容量に戻ったら後はフリータンクの1GBが反映されるのを待つだけです。

通信容量を増やすタイミング

この方法を使うタイミングは毎月21から27日くらいがベストです。フリータンクは毎月21日から月末1日前までしか使えません。できれば27日くらいまでに行うようにしましょう。

マイネオ(mineo)のパケットギフトとフリータンクの仕組み

マイネオ(mineo)のパケットギフト、フリータンクはどんな仕組みなのか説明します。

パケットギフトは通信容量を貰ったり、譲ったりできる

パケットギフトというのは通信容量を貰ったり、譲ったりすることができる機能です。パケットというのは通信容量のことです。通信容量を他人にも送ることができますし貰うこともできます。

パケットギフトでギフトを発行するとパケットギフトコードが出てきます。それを通信容量を送りたい相手に教え、相手がパケットギフトを受け取りすることで通信容量を送ることができるようになります。

パケットギフトでもらった通信容量の有効期限は最大2ヶ月

パケットギフトで譲ったり、貰ったりできる通信容量は最大2ヶ月が有効期限になります。譲ったり、貰ったりした日から翌月末まで有効になります。

通信容量が余った月は必ずパケットギフトで有効期限を延長しておこう

パケットギフトで譲ったり、貰ったりした通信容量は有効期限が2ヶ月ですが、通信容量は何度でも贈ることができますし貰うこともできます。通信容量は移動をすればその都度有効期限が更新されます。つまり、譲ったり、貰ったりする度に有効期限は延長されるということです。なので100MB以上通信容量が余りそうだという時はパケットギフトを巧く活用すると通信容量の消滅を防いで何ヶ月でも繰り越すことができるようになります。

本来、マイネオ(mineo)では余った通信容量の繰越は翌月末までと決まっています。だいたいどの格安SIMでも繰越は翌月です。月額料金を支払って買っている通信容量が余ったというだけで消滅するというのは、持っているお金を使わなかったら無くなってしまうというのと同じで結構理不尽なルールです。

そのため、上手にパケットギフトを使って通信容量を永遠に繰り越しして損を無くしましょう。

フリータンクの仕組み

フリータンクの画像

フリータンクは余った通信容量をみんなで共有して無駄を無くそうという試みで作られた機能です。マイネオ(mineo)のファンサイト「マイネ王」に登録してマイネオ(mineo)で余った通信容量を預け入れたり、通信容量が足らなくなった月は引き出して使ったりできます。

フリータンクは最大1GBを無料でもらうことができる

現在のルールではマイネ王のフリータンクで最大1GBまで通信容量を無料で引き出すことができるようになっています。フリータンクに預けたことが無くても引き出しできます。通信容量の残り数によって引き出しできる量が変わります。残りが少なければ最大の1GBを引き出すことができます。

フリータンクの本来の姿

フリータンクの本来の意味は「みんなで助け合おうという」です。通信容量が無くなった人がいたら助けてあげようということからフリータンクが始まりました。ですので20GBも30GBも使い道のない通信容量が余ってしまう人はフリータンクに通信容量を入れてあげると喜ばれます。

マイネオ(mineo)のフリータンクをもっと有効にもらう方法! まとめ

マイネオ(mineo)のパケットギフトとフリータンクを巧みに使い、通信容量を増やし続ける方法を紹介しました。

  • 通信容量を最大限パケットギフトで贈る
  • フリータンクから1GB引き出す
  • 贈った通信容量を返してもらう

この3つのステップを踏めばマイネオ(mineo)で通信容量切れになることを防ぐことができます。通信容量が無くなってしまうことが多い人は活用してみてください。

  • 公式サイト:mineo

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次