• 最終更新日:2017/05/18
この記事の概要

せっかく毎月の利用料金を節約するために格安SIMカードを利用したいのに、最初の乗り換えにかかる費用がたくさんかかってしまっては意味がありません。このページでは格安SIMカードを利用するのに必ずSIMロック解除が必要となってしまうソフトバンクのiPhoneを対象に出来る限り簡単に、そして、安くSIMロック解除する方法を紹介しています。安くSIMロック解除する方法で有名なものとしましてはSIMロック解除アダプタ(SIM下駄とも呼ばれる)を利用するのが一般的です。このSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)は多少設定方法にクセがありますがこのページの手順に沿って行えば割と素直に設定することができ、かつ安定動作させることができます。

毎日使うiPhoneですから出来る限り安定して利用したいですよね。このページでは沢山の実機テストを行った中で、かなり安定する設定方法も掲載しています。あなたのソフトバンクiPhoneで格安SIMカードを利用し月額料金を大幅に下げ、楽しい節約ライフを送くれるお役に立てると思います。

このページの目次

この記事は約 22 分で読めます。(12434)

SIMロック解除が必要なソフトバンクのiPhone

ソフトバンクのiPhoneで格安SIMカードを利用する場合、必ず公式のSIMロック解除か非公式のSIMロック解除、いずれかのSIMロック解除が必要となります。これはソフトバンクのiPhoneのシリーズによってどちらが利用できるのか分かれます。どのソフトバンクのiPhoneで公式SIMロック解除が可能なのか、どのソフトバンクのiPhoneでは非公式SIMロック解除が必要になるのかを表にまとめました。

ソフトバンクiPhoneのSIMロック解除対応表

ソフトバンクのiPhoneSIMロック解除方法
iPhone 7 Plusソフトバンク公式SIMロック解除
iPhone 7ソフトバンク公式SIMロック解除
iPhone SEソフトバンク公式SIMロック解除
iPhone 6s Plusソフトバンク公式SIMロック解除
iPhone 6sソフトバンク公式SIMロック解除
iPhone 6 Plus非公式SIMロック解除
iPhone 6非公式SIMロック解除
iPhone 5s非公式SIMロック解除
iPhone 5c非公式SIMロック解除
iPhone 4s非公式SIMロック解除
iPhone 4非公式SIMロック解除
iPhone 3GS非公式SIMロック解除
iPhone 3G非公式SIMロック解除

公式のSIMロック解除に対応したiPhone

上の表から、ソフトバンクのiPhone 6s以降はソフトバンク公式のSIMロック解除が対応になっている事がわかります。2015年5月以降に発売開始されたソフトバンクのiPhoneであれば全て公式SIMロック解除が対応となっています。

これは、総務省によって平成22年に「SIMロック解除に関するガイドライン」によってSIMロック解除が義務化されたためで、ガイドラインに変更が入らない限りは今後発売されるソフトバンクのiPhoneに関して全て公式のSIMロック解除に対応したiPhoneとなります。

ソフトバンクのiPhoneでの公式SIMロック解除する方法

ソフトバンクの公式SIMロック解除手続きは非常に簡単ですが、公式なSIMロック解除ができるiPhoneにはいくつか条件があります。

ソフトバンク公式のSIMロック解除に対応する条件

  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE等、2015年5月以降に発売開始されたiPhoneであること
  • 購入日(ソフトバンクモバイルにて記録されている販売日)から181日目以上が経過していること
  • 解約手続きをしたソフトバンクiPhoneの場合は、解約手続きから90日以内であること
  • 解約手続きをしたiPhoneは購入者本人によるSIMロック解除手続きの申請であること
  • 分割払い等のローンが正しく支払い続けられていること

以上がソフトバンクで契約したiPhoneを公式のSIMロック解除するための条件です。

SIMロック解除の手続き

ソフトバンク公式のSIMロック解除手続きには2つの方法があります。

1つ目はインターネットを使いソフトバンクのホームページから行う方法です。ホームページからSIMロック解除を行う場合は完全無料で行えます。下記のページからMy SoftBankにログインしiPhone本体のIMEI番号を入力しSIMロックを解除します。その後、格安SIMカードをセットしてWi-Fiに繋ぎAPNプロファィルをインストールしてiPhoneをアクティベートします。ここまでが一連の流れとなります。

2つ目のSIMロック解除方法はソフトバンクショップに赴き、店員さんにSIMロック解除手続きをお願いする方法です。こちらの方法は全て店員さんが手続きを行ってくれますので新しい格安SIMカードと免許証などの身分証明書を持って行くだけです。ただし、ホームページからSIMロック解除を行う場合と違いSIMロック解除手続きに3,000円の料金が発生します。

IMEI番号とは

IMEI番号とはiPhoneやスマホすべての通信機器一つ一つに対して割り振られている個別番号のことです。基本的に全世界のスマホにはIMEIの番号が割り振られており、一つとして同じ番号はありません。

APNプロファイルとは

APNはインターネットを利用する場合の通過点の指定を行うことを言います。iPhoneとインターネットを繋ぐ時、間に仲介通信会社が入ります。ドコモや、au、ソフトバンクだったりします。格安SIMカードの各企業もその一つとなります。APNは自動で設定されません。格安SIMカードの場合は自分で設定をする必要があります。APN設定とはその中間仲介通信会社を指定する設定です。APNを設定しなければ通信できませんし、仮に通信ができたとしても、契約のない通信会社ですから巨額の請求を言い渡されることになります。必ず契約した格安SIMカードのAPNを設定しましょう。

ソフトバンクのiPhoneを公式以外でSIMロック解除する方法

ソフトバンクのiPhone 6以前のiPhoneを便利に格安SIMカードで使うためには「非公式なSIMロック解除」が必要です。もしくは、格安SIMカードに乗り換えるために「非公式SIMロック解除以外に格安SIMカードを利用する方法」を検討してみてください。

ソフトバンクのiPhoneを公式以外でSIMロック解除できる方法は3つ

iPhoneをSIMロック解除して格安SIMカードで節約利用【完全版】ガイド」の「iPhoneを公式以外でSIMロック解除する方法」で詳しく説明していますがソフトバンク公式以外でソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除する方法は3つあります。

  • SIMロック解除アダプタ(SIM下駄、R-SIM 10や、R-SIM 10+等)を利用する方法
  • ファクトリーアンロックと呼ばれる方法
  • ジェイルブレイク(脱獄)と呼ばれるiOSを改造する方法

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を利用する方法がオススメ!

SIMロックを無効にすることができるSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)というものがあります。このSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を利用するとソフトバンクのiPhoneでも格安SIMカードが利用できます。SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)の名前は「R-SIM 10」や、「R-SIM 10+」です。設定に少し手間がかかりますがソフトバンクのiPhone 6 で正しく動作するSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)と設定方法が実機テストにより見つかりました!

ファクトリーアンロックと呼ばれる方法や、ジェイルブレイク(脱獄)と呼ばれるiOSを改造する方法は、金額が高かったり、リスクが高かったりするので基本的にはSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を利用することをお勧めしています。

SIMロック解除方法の比較

非公式SIMロック解除を考えた場合一番リスクの少ない方法はSIMロック解除アダプタを利用する方法です。低価格で購入でき、iPhoneが壊れる心配もなく利用できます。多くの人が以前から使っている方法です。

iPhoneの非公式SIMロック解除方法リスク料金難易度
SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)
ファクトリーアンロックサービス
ジェイルブレイク(脱獄)

ソフトバンクのiPhoneのSIMロック解除に使えるSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を利用しソフトバンクのiPhone 6をSIMロック解除する場合、、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)は基本的に「R-SIM 10」か、「R-SIM 10+」を利用します。後半のSIMロック解除手順の説明や動作テストには「R-SIM 10」、「R-SIM 10+」の両方をそれぞれテストしています。筆者のテストした結果によると現状では「R-SIM 10」のほうが安定動作しているので現在は「R-SIM 10」の利用をオススメしています。

実際に「R-SIM 10」をSIMロック解除に利用する前に購入した「R-SIM 10」が本物かどうかの確認を済ませておいてください。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)や、「R-SIM 10」、「R-SIM10+」について、おすすめの購入先、本物かどうかの確認方法などは下記のページで詳しく解説しています。参考にしてください。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM 10」表SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM 10+」表

 

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」を使ったソフトバンクのiPhone 6 SIMロック解除手順

ここからは、筆者が現在利用しているソフトバンクのiPhone 6を使って実際にSIMロック解除を行う手順を説明します。オススメのSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を利用したソフトバンクのiPhone 6のSIMロック解除の方法を紹介します。今回利用するSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)は「R-SIM10+」です。

事前に購入したSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」が本物か確認しておいて下さい。まだ「R-SIM10+」が本物かどうかのチェックが済んでいない人は下記をご参照下さい。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM 10+」表

ソフトバンクiPhone 6 を「R-SIM10+」でSIMロック解除するのに必要なもの

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」でソフトバンクのiPhone 6をSIMロック解除して格安SIMカードで使うためには、「R-SIM10+」以外にも準備するものがあります。

用意するもの

  • ソフトバンクのiPhone 6
  • SIMロック解除アダプタ(SIM下駄):R-SIM10+
  • 格安SIMカード
  • Wi-Fi環境
  • アクティベーションSIMカード(解約済みソフトバンクのSIMカード or 契約中のソフトバンクのSIMカード)

今回、格安SIMカードはFREETEL SIMの音声通話付き「使った分だけ安心プラン for iPhone」を利用しました。Wi-Fi環境は自宅のネット回線を利用します。ソフトバンクのiPhoneはiOS9.3.5で16GBのタイプです。

アクティベーションSIMカードとは

iPhoneを初期化した場合、SIMカードを装着しないと利用開始できません。契約中のSIMカード、または、解約済みのSIMカードでも良いのでSIMカードを装着する必要があります。手元にSIMカードがない場合はAmazonで購入できます。金額は数百円程度です。

ただし、SIMロックが掛かったiPhoneではSIMロック状態で利用できるSIMカードが必要です。ドコモのiPhoneならドコモのSIMカード、auのiPhoneならauのSIMカード、ソフトバンクのiPhoneならソフトバンクのSIMカードが必要になります。Amazonでもキャリアごとのアクティベーション用のSIMカードが販売されています。

ソフトバンク専用:アクティベーション用のSIMカード

「R-SIM10+」でのSIMロック解除手順

ソフトバンクのiPhone 6をSIMロック解除する手順は大きく3つです。

  1. iPhone 6のiMessage、FaceTimeを一旦OFFにしてからWi-Fi環境でFREETEL SIMのAPNをインストール
  2. SIMロック解除アダプタと格安SIMカードをiPhone 6にセットし、出てくる項目を選んで進む
  3. 項目の選択が終わったらキャリア設定をNTT docomoに変更

では一つずつ詳細を紹介します。

iPhone 6のiMessage、FaceTimeを一旦OFFにしてからWi-Fi環境でFREETEL SIMのAPNをインストール

 

まずiPhone 6の設定からiMessageとFaceTimeをOFFにしましょう。

iMessage、FaceTimeをOFF

【設定→メッセージ→iMaessageをOFF】にします。

iphone設定画像

【設定→FaceTime→FaceTimeをOFF】にします。

facetime設定画像

FREETEL SIMのAPNをインストール

FREETEL SIMのAPNプロファイルをインストールします。利用する格安SIMカードによってAPNプロファイルは変わりますので格安SIMカード専用のプロファイルをインストールしてください。

FREETEL SIMをお使いの人は下記「FREETEL SIM iPhone用APNページ」へアクセスしてAPNプロファイルをインストールしてください。その他の格安SIMカードをお使いの人は「各格安SIMカードのAPNプロファイル一覧ページ」へアクセスして契約中の格安SIMカード外車のAPNプロファイルをインストールしてください。

ページへアクセスしたらURLを選択します。

freetelのapnページへのURLの画像

次にプロファイルインストール画面に変わりますので「インストール」を選択します。

apn設定画像2

承諾の画面に変わりますので、そのまま「次へ」を押します。

apnの画像設定3

警告の画面に変わりますので、そのまま「インストール」を押します。

apnの設定4

再度、「インストール」を押します。

apnの設定5

最後に「完了」を押してください。

apn設定完了

SIMロック解除アダプタと格安SIMカードをiPhone 6にセットし、出てくる項目を選んで進む

次にiPhoneからソフトバンクのSIMカードを取り出し、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」とFREETEL SIMの格安SIMカードをセットします。

まず、iPhone、または、R-SIMに付属のピンを用意します。

iPhoneとピンの画像

iPhoneの側面等に穴がありますから力強く付属のピンを差し込みます。

iPhonesim1

ピンを差し込むとSIMスロットが出てきます。

iPhonesim4

格安SIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」を重ねてSIMスロットにセットします。重ねるときはチップ面が合わさるように重ね、角が斜めに欠けたところが同じ位置に来るようにして重ねてください。

simrock1

SIMスロットにも格安SIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」と同じく角が斜めに欠けたところがあります。この角が斜めに欠けたところにSIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」の方向を合わせてセットしてください。

simスロットへのセット画像

少しSIMカード部分が厚くなりますが、そのままiPhoneに戻します。iPhoneの電源は入れたままでセットするのが大事なポイントです。

iPhonesim4

iPhone 6にSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」で格安SIMカードをセットすると次のような画像が出ます。もしも格安SIMカードが正しく認識できず、SIMなしとなる場合は再度格安SIMカードをセットし直してください。また、機内モードをON、OFFすることで正しく認識する場合もあります。

ここではソフトバンクのiPhoneを利用しているため「JP SoftBank」を選択します。

simロック解除アダプタ設定の画像1

次に「iOS9.CDMA 4G Card」を選びます。

simロック解除アダプタ設定の画像2

次に「了解」を選ぶと終わりです。

simロック解除アダプタ設定の画像1

項目の選択が終わったらキャリア設定をNTT docomoに変更

次にiPhone 6のキャリア選択を自動をOFFにして手動に変更し「NTT docomo」を選択します。

simロック解除アダプタ設定の画像4

これでSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10+」を使ったソフトバンクのiPhone 6 SIMロック解除設定は終了です。新しく設定した格安SIMカードで、4Gの表示が現れ、電話、SMS、インターネット等が正しく使えるか確認してください。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」を使ったソフトバンクのiPhone 6 SIMロック解除手順

次も、筆者が現在利用しているソフトバンクのiPhone 6を使って実際にSIMロック解除を行う手順を説明します。今回利用するSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)は「R-SIM10」です。筆者がテストした結果では「R-SIM10+」より、こちらの「R-SIM10」のほうが安定しておりオススメです。基本的にSIMロック解除手順は「R-SIM10+」によく似ていますが少しずつ違うので気をつけてください。

事前に購入したSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」が本物か確認しておいて下さい。まだ「R-SIM10」が本物かどうかのチェックが済んでいない人は下記をご参照下さい。

img_0610

ソフトバンクiPhone 6 を「R-SIM10」でSIMロック解除するのに必要なもの

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」でソフトバンクのiPhone 6をSIMロック解除して格安SIMカードで使うためには、「R-SIM10」以外にも準備するものがあります。

用意するもの

  • ソフトバンクのiPhone 6
  • SIMロック解除アダプタ(SIM下駄):R-SIM10
  • 格安SIMカード
  • Wi-Fi環境
  • アクティベーションSIMカード(解約済みソフトバンクのSIMカード or 契約中のソフトバンクのSIMカード)

今回、格安SIMカードはFREETEL SIMの音声通話付き「使った分だけ安心プラン for iPhone」を利用しました。Wi-Fi環境は自宅のネット回線を利用します。ソフトバンクのiPhoneはiOS9.3.5で16GBのタイプです。

アクティベーションSIMカードとは

iPhoneを初期化した場合、SIMカードを装着しないと利用開始できません。契約中のSIMカード、または、解約済みのSIMカードでも良いのでSIMカードを装着する必要があります。手元にSIMカードがない場合はAmazonで購入できます。金額は数百円程度です。

ただし、SIMロックが掛かったiPhoneではSIMロック状態で利用できるSIMカードが必要です。ドコモのiPhoneならドコモのSIMカード、auのiPhoneならauのSIMカード、ソフトバンクのiPhoneならソフトバンクのSIMカードが必要になります。Amazonでもキャリアごとのアクティベーション用のSIMカードが販売されています。

ソフトバンク専用:アクティベーション用のSIMカード

「R-SIM10」でのSIMロック解除手順

ソフトバンクのiPhone 6を「R-SIM10」でSIMロック解除する手順は大きく4つです。

  1. iPhone 6の4GをOFF(アクティベートしたSIMカードを装着した状態で行います)
  2. iPhone 6のiMessage、FaceTimeを一旦OFFにしてからWi-Fi環境でFREETEL SIMのAPNをインストール
  3. SIMロック解除アダプタと格安SIMカードをiPhone 6にセットし、出てくる項目を選んで進む
  4. 項目の選択が終わったらキャリア設定をNTT docomoに変更

では一つずつ詳細を紹介します。

iPhone 6の4GをOFF(アクティベートしたSIMカードを装着した状態で行います)

まずiPhone 6の4GをOFFにします。【設定→モバイルデータ通信→モバイルデータ通信のオプション→4Gをオンにする】をOFFにします。

simunrock1

iPhone 6のiMessage、FaceTimeを一旦OFFにしてからWi-Fi環境でFREETEL SIMのAPNをインストール

 

次に、iPhone 6の設定からiMessageとFaceTimeをOFFにしましょう。

iMessage、FaceTimeをOFF

【設定→メッセージ→iMaessageをOFF】にします。

iphone設定画像

【設定→FaceTime→FaceTimeをOFF】にします。

facetime設定画像

FREETEL SIMのAPNをインストール

FREETEL SIMのAPNプロファイルをインストールします。利用する格安SIMカードによってAPNプロファイルは変わりますので格安SIMカード専用のプロファイルをインストールしてください。

FREETEL SIMをお使いの人は下記「FREETEL SIM iPhone用APNページ」へアクセスしてAPNプロファイルをインストールしてください。その他の格安SIMカードをお使いの人は「各格安SIMカードのAPNプロファイル一覧ページ」へアクセスして契約中の格安SIMカード外車のAPNプロファイルをインストールしてください。

ページへアクセスしたらURLを選択します。

  • ※ページへのアクセスは必ずiPhoneのSafariで行ってください。

freetelのapnページへのURLの画像

次にプロファイルインストール画面に変わりますので「インストール」を選択します。

apn設定画像2

承諾の画面に変わりますので、そのまま「次へ」を押します。

apnの画像設定3

警告の画面に変わりますので、そのまま「インストール」を押します。

apnの設定4

再度、「インストール」を押します。

apnの設定5

最後に「完了」を押してください。

apn設定完了

SIMロック解除アダプタと格安SIMカードをiPhone 6にセットし、出てくる項目を選んで進む

次にiPhoneからソフトバンクのSIMカードを取り出し、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」とFREETEL SIMの格安SIMカードをセットします。

まず、iPhone、または、R-SIMに付属のピンを用意します。

iPhoneとピンの画像

iPhoneの側面等に穴がありますから力強く付属のピンを差し込みます。

iPhonesim1

ピンを差し込むとSIMスロットが出てきます。

iPhonesim4

格安SIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」を重ねてSIMスロットにセットします。重ねるときはチップ面が合わさるように重ね、角が斜めに欠けたところが同じ位置に来るようにして重ねてください。

simrock1

SIMスロットにも格安SIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」と同じく角が斜めに欠けたところがあります。この角が斜めに欠けたところにSIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」の方向を合わせてセットしてください。

simスロットへのセット画像

少しSIMカード部分が厚くなりますが、そのままiPhoneに戻します。iPhoneの電源は入れたままでセットするのが大事なポイントです。

iPhonesim4

iPhone 6にSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)で格安SIMカードをセットすると次のような画像が出ます。もしも格安SIMカードが正しく認識できず、 SIMなしとなる場合は再度格安SIMカードをセットし直してください。また、機内モードをON、OFFすることで正しく認識する場合もあります。

ここではソフトバンクのiPhoneを利用しているため「JP SoftBank」を選択します。

r10-1

次に「i6/i6Plus」を選びます。

r10-2

次に「For CDMA 4G(i6/i6p)」を選びます。

r10-3

次に「了解」を選ぶと終わりです。

simロック解除アダプタ設定の画像1

項目の選択が終わったらキャリア設定をNTT docomoに変更

次にiPhone 6のキャリア選択を自動をOFFにして手動に変更し「NTT docomo」を選択します。

simロック解除アダプタ設定の画像4

これでSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM10」を使ったソフトバンクのiPhone 6 SIMロック解除設定は終了です。新しく設定した格安SIMカードで、4Gの表示が現れ、電話、SMS、インターネット等が正しく使えるか確認してください。

ソフトバンクのiPhone SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)設定時に起こる特有のトラブル

ソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でSIMロック解除設定する時によく起こる問題があります。下記の2点が主によく起こりうる問題です。

  • 設定ミスによるSIMロック解除アダプタの動作不良
  • 圏外病:iPhoneが格安SIMカードで通信回線をキャッチできず圏外となる

特有のトラブルの詳細内容や、トラブル発生時の復帰方法などが知りたい方は下記ページをご覧ください。

ソフトバンクのiPhone SIMロック解除アダプタ利用時の不安要素・問題

ソフトバンクのiPhone 6でどこまでドコモ回線のエリアが使えるかという心配をする人も多いですが、基本的にiPhone 6はドコモ、au、ソフトバンクの電波にしっかり対応しています。ソフトバンクのiPhone 6でドコモの通信環境利用した格安SIMカードを使った場合、ドコモのiPhoneと同じだけの電波が使える仕様になっていますのでエリア問題の心配は特に必要ありません。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を利用した場合に問題なのはテザリングが使えなくなるというところのみです。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でソフトバンクのiPhone 6 をSIMロック解除した動作テスト結果

SIMロック解除アダプタ「R-SIM10」、「R-SIM10+」を使ってソフトバンクのiPhone 6 をSIMロック解除し、FREETEL SIM、mineo Aプラン、LINEモバイルでテストした動作結果をまとめました。また、ソフトバンクのiPhone 6以外に、auのiPhone 5でもテストしましたのでその結果も一覧にまとめています。

iPhone機種名iOSバージョンSIMロック解除アダプタ名SIMカード種類SIMカード認識電話着信電話発信SMS発信SMS着信4Gデータ通信3Gデータ通信テザリング
ソフトバンク
iPhone 6
iOS8.1R-SIM10FREETEL SIM
音声+データSIM
×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS9.3.5R-SIM10+FREETEL SIM
音声+データSIM
△(不安定)△(不安定)×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS9.3.5R-SIM10FREETEL SIM
音声+データSIM
×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS9.3.5R-SIM10+mineo Aプラン
音声+データSIM
××××××××
ソフトバンク
iPhone 6
iOS9.3.5R-SIM10mineo Aプラン
音声+データSIM
××××××××
ソフトバンク
iPhone 6
iOS9.3.5R-SIM10+LINEモバイル
音声+データSIM
△(不安定)△(不安定)×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS9.3.5R-SIM10LINEモバイル
音声+データSIM
×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS10.0.1R-SIM10FREETEL SIM
音声+データSIM
×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS10.0.1R-SIM10+FREETEL SIM
音声+データSIM
△(不安定)△(不安定)×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS10.0.1R-SIM10LINEモバイル
音声+データSIM
×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS10.0.1R-SIM10+LINEモバイル
音声+データSIM
△(不安定)△(不安定)×
ソフトバンク
iPhone 6
iOS10.0.1R-SIM10mineo Aプラン
音声+データSIM
××××××××
ソフトバンク
iPhone 6
iOS10.0.1R-SIM10+mineo Aプラン
音声+データSIM
××××××××

なお、検証中、auのiPhone5もテストを試みましたが圏外病が発生しました。auのiPhone 5ではソフトバンクのiPhone 6に比べて非常に圏外病が起こりやすいと推測されます。

テストの結果、ソフトバンクのiPhone 6に今一番使えるSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)は「R-SIM10」ということになりました。

各、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)、格安SIMカード、iPhoneのシリーズ、iOS毎の実機テストの詳細レビュー

ソフトバンク iPhone6 iOS10をSIMロック解除!格安SIM「FREETEL」で使える【実機テスト済レビュー】

ソフトバンク iPhone6 iOS10をSIMロック解除!格安SIM「LINEモバイル」で使える【実機テスト済レビュー】

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でソフトバンクのiPhone 6 をSIMロック解除するまとめ

ソフトバンクのiPhone 6にSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)を使って格安SIMカードを使うことは可能です。ただ、各格安SIMカードと各SIMロック解除アダプタの組み合わせを色々検証した結果、やはり全ての組み合わせにおいてテザリングの機能を使うことは叶いませんでした。どうしてもソフトバンクのiPhone 6でテザリングの機能まで必要な人はSIMロック解除して格安SIMカードに乗り換えることができません。

しかし、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM 10」を使うと設定時に圏外病の発生に見舞われる可能性は少なく、電話、SMS、4G LTEデータ通信が問題なく安定しており快適に使えることが判明しました。テザリング機能が必要ない人ならiPhoneで格安SIMカードを日常的に問題の無い範囲で利用することができます。

ソフトバンクのiPhone 6をSIMロック解除して格安SIMカードで利用したいと思う人はSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「R-SIM 10」を使ってSIMロック解除しドコモ回線を利用した格安SIMカードを選びましょう。数百円から数千円の範囲でSIMロック解除して格安SIMカードに乗り換えることができ、iPhoneの毎月の利用料金も大幅に安くできます。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でSIMロック解除したソフトバンクのiPhone 6で使える格安SIMカード

SIMロック解除アダプタを利用してSIMロック解除したソフトバンク のiPhone 6で認識できる格安SIMカードはドコモ回線を利用した格安SIMカードのみです。mineoのAプランやUQモバイルの格安SIMカードはau回線を利用しているためSIMロック解除したソフトバンクのiPhone 6では認識できません。必ずドコモ回線を利用している格安SIMカードを利用してください。LINEモバイル楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)OCNモバイルONEDMM mobileなどを選択してください。

また、iPhoneで格安SIMカードを利用 する場合、必ずSMSオプションを必要とします。SMSオプションをつけない場合、圏外病が発生しやすかったり、アンテナ表示が出なかったりするため iPhoneが正常に動作しないことが多くなります。格安SIMカード契約時にSMS付プランを選択するか、音声通話付きプランを選択してください。音声 通話付きプランには標準でSMSのオプションがついています。

ドコモの通信回線を利用している格安SIMカード(MVNO)

ドコモの通信回線を利用している格安SIMカードの一覧です。SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でSIMロック解除したソフトバンクのiPhone 6で格安SIMカードを利用する場合は下記のリストの中にある格安SIMカードからお選びください。

利用可能な格安SIM 公式サイト

利用可能な格安SIM 詳細解説ページ