【完全版】auのiPhoneで安くて安定したSIMロック解除方法の解説!Part2(2017年9月最新版)

  • 公開日:2017/06/27
  • 更新日:2017/10/20

auのiPhone用の新星SIMロック解除アダプタ「SmartKing X(通称:スマキンX)」でSIMロック解除。「SmartKing X」SIMロック解除アダプタが現れたことで、多くのiPhoneを格安SIMで安定して利用することができるようになりました。以前から当サイトでもオススメしていましたR-Sim10に比べて、SmartKing Xは安定度が著しく向上しています。当サイトでのSmartKing Xのテストでは長期の利用でも圏外病は一切発生していません。かなりオススメのSIMロック解除アダプタです。今までR-SIMで苦労していた人、圏外病で困り果てていた人はSmartKing Xを使ってみてください。設定の簡単さ、目を疑う安定度、テザリングまで可能になるという快挙に喜び叫んでしまうでしょう。


この記事は約 分で読めます。(文字)

「スマートキング X(SmartKing X)」についてとても重要なお知らせ

2017年10月からSIMロック解除アダプタ「スマートキング X(SmartKing X)」によるアクティベーションに対してAppleがなんらかの対策を実施したため現在今まで通りSIMロック解除アダプタを使ってSIMロックを解除することはできなくなっています。

一応対応策を下記のページにまとめていますが、今までのような安定した運用は出来なくなっています。

SmartKing XでSIMロック解除可能auのiPhone

auのiPhoneを新しいSIMロック解除アダプタ「SmartKing X(通称:スマキンX)」でSIMロック解除テストしました。このSIMロック解除アダプタはR-SIM10に比べると格段に性能がUPしています。当サイトではau iPhoneと、ソフトバンク iPhone両方で「SmartKing X」をテストしましたが、いずれも不具合無くしっかりと安定動作しています。

SmartKing XでSIMロック解除可能なauのiPhone対応表

auのiPhone対応状況
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s×
iPhone 4-
iPhone 3GS-
iPhone 3G-

当サイトで全てをテストできているわけではありませんが、当サイトでテストした結果と公式のSmartKingの情報を合わせて記載しています。当サイトでテストした結果はこのページの下記に載せています。

公式のSIMロック解除に対応したiPhoneにもSmartKing Xは有効

au iPhone 6s以降に発売したiPhoneはauにSIMロック解除を申し込めばSIMロック解除出来ます。

しかし、購入日から100日経過していないとSIMロック解除を行うことはできませんがSmartKing Xを使うと100日待たなくても強制的にSIMロック解除状態になります。つまり、100日待たなくても格安SIMを利用することも可能になります。

auのiPhone 6s以降であれば全て公式SIMロック解除対応について

auで2015年5月以降に発売開始されたauのiPhoneであれば全て公式SIMロック解除が対応となっています。

総務省が平成22年に定めた「SIMロック解除に関するガイドライン」によってSIMロック解除が義務化されたためで、ガイドラインに変更が入らない限りは、今後発売されるauのiPhoneに関して全て公式のSIMロック解除に対応したiPhoneとなります。

auのiPhoneを公式SIMロック解除する方法

au iPhone 6s以降の機種をお持ちで、auのiPhoneを公式SIMロック解除する方法について興味がある方は旧ページの方をご覧下さい。

旧ページ:【完全版】auのiPhoneで安くて安定したSIMロック解除方法の解説!

  • au公式のSIMロック解除に対応する条件
  • 公式SIMロック解除の手続き

等について解説しています。

auのiPhoneを公式以外でSIMロック解除する方法

auのiPhone 6以前のiPhoneをSIMロック解除して格安SIMで使おうとするのであれば、「非公式のSIMロック解除」が必要になります。もしくは、格安SIMカードに乗り換えるために「非公式SIMロック解除以外に格安SIMカードを利用する方法」を検討してみてください。

当ページで紹介する「SIMロック解除アダプタ」以外に「ファクトリーアンロック」というSIMロック解除も昔からありますが、料金が高いことや、SIMロック解除が正しく行われない可能性もあります。

auの公式SIMロック解除以外の方法でau iPhoneのSIMロック解除をする方法は「SIMロック解除アダプタ」と「ファクトリーアンロック」の2つの種類しかありません。(※海外では他の方法も行われているようです。)

auで購入した公式SIMロック解除ができないiPhoneをSIMロック解除する方法で一番簡単にできる方法は、今から紹介する「SIMロック解除アダプタ」を使う方法になります。

auのiPhoneのSIMロック解除に使えるSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)SmartKing X

旧ページではR-SIMを使っていましたが、ここでは最新のSIMロック解除アダプタ「SmartKing X」を使った方法を紹介します。今まで多数のSIMロック解除アダプタが発売されてきましたが、最近発売された「SmartKing X」は確実なSIMロック解除と安定した格安SIMの利用が確認されました。当サイトでも1ヶ月以上連続使用していますが、不具合は一切ありません。

SmartKing XはAmazonで購入出来ます。また、SmartKing Xと同時期に発売された「GPP LTE 4G+」、「R-SIM11+」でも同じ結果になります。もしもSmartKing XがAmazonで品切れの場合、この2つを購入しても問題は全くありません。使い方も全く同じです。

新しく発売されていた「IDEALLTE 4G+」をテストしてみました。こちらを使っても全く同じことができましたので在庫数や値段によって選んでも良いでしょう。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」を使ったauのiPhone 5 SIMロック解除手順

au iPhone 5 を「SmartKing X」でSIMロック解除するのに必要なもの

用意するもの

  • au iPhone5 16GB iOS10.3.2
  • SIMロック解除アダプタ(SIM下駄):「SmartKing X」 、または、「GPPLTE 4G+」か、「R-SIM11+」
  • 格安SIMカード:LINEモバイル
  • Wi-Fi環境

今回、テストで使用した格安SIMカードはLINEモバイルの音声通話付き「LINEフリープラン」です。Wi-Fi環境は自宅のネット回線を利用します。Wi-Fiは自宅でなくコンビニやスターバックス等の公衆無線LANでも設定可能です。auのiPhone 5はiOS10.3.2で16GBのタイプです。また、今回のSmartKing Xからアクティベーションカードは必要なくなりました。

アクティベーションSIMカードとは

iPhoneを初期化した場合、SIMカードを装着しないと利用開始できません。契約中のSIMカード、または、解約済みのSIMカードでも良いのでSIMカードを装着する必要があります。手元にSIMカードがない場合はAmazonで購入できます。金額は数百円程度です。

ただし、SIMロックが掛かったiPhoneではSIMロック状態で利用できるSIMカードが必要です。ドコモのiPhoneならドコモのSIMカード、auのiPhoneならauのSIMカード、ソフトバンクのiPhoneならソフトバンクのSIMカードが必要になります。Amazonでもキャリアごとのアクティベーション用のSIMカードが販売されています。

SmartKing X」でのSIMロック解除手順

auのiPhone 5を「SmartKing X」を使ってSIMロック解除する手順は大きく3つです。一度行ってみるとわかりますが非常に簡単になっています。

  • 1:iPhone 5にWi-Fi環境で「LINEモバイル」のAPNをインストール
  • 2:SIMロック解除アダプタと「LINEモバイル」の格安SIMカードをiPhone 5にセットする
  • 3:アクティベーション画面になるのでアクティベーションを行う

では一つずつ詳細を紹介します。

iPhone 5にWi-Fi環境でLINEモバイルのAPNをインストール

はじめにiPhone 5にWi-Fi環境でLINEモバイルのAPNをインストールします。

LINEモバイルのAPNをインストール

利用する格安SIMカードによってAPNプロファイルは変わりますので格安SIMカード専用のプロファイルをインストールしてください。

LINEモバイルをお使いの人は下記「LINEモバイル iPhone用APNページ」へアクセスしてAPNプロファイルをインストールしてください。

※必ずSafariを使用してAPNプロファイルをインストールしてください

その他の格安SIMカードをお使いの人は「各格安SIMカードのAPNプロファイル一覧ページ」へアクセスして契約中の格安SIMカードのAPNプロファイルをインストールしてください。

LINEモバイル iPhone用APNページへアクセスしたらダウンロードURLを選択します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

次にプロファイルインストール画面に変わりますので右上の「インストール」を選択します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

警告の画面に変わりますので、そのまま「インストール」を押します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

再度、「インストール」を押します。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

最後に「完了」を押してください。

LINEモバイルAPNインストール手順の画像

SIMロック解除アダプタと格安SIMカードをiPhone 5にセットする

次にiPhoneから元々と入っているauのSIMカードを取り出し、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」と「LINEモバイル」の格安SIMをセットします。

まず、iPhoneや、SmartKing Xに付属のピンを用意します。

iPhoneとピンの画像

iPhoneの側面等に写真のような穴がありますから力強く付属のピンを差し込みます。

iPhonesim1

ピンを差し込むとSIMスロットが出てきます。

iPhonesim4

格安SIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」を重ねてSIMスロットにセットします。重ねるときはチップ面が合わさるように重ね、角が斜めに欠けたところが同じ位置に来るようにして重ねてください。

simrock1

SIMスロットにもLINEモバイルのSIMカードや、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」と同じく角が斜めに欠けたところがあります。この角が斜めに欠けたところにSIMカードとSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」の方向を合わせてセットしてください。

simスロットへのセット画像

少しSIMカード部分が厚くなりますが、そのままiPhoneに戻します。iPhoneの電源は入れたままでセットしても電源を切ってセットしても構いません。ですが、電源をつけたままの方が簡単です。

iPhonesim4

アクティベーション画面になるのでアクティベーションを行う

iPhoneがアクティベーション画面に切り替わります。Wi-Fiに接続しそのままアクティベーションを行います。了解を押してください。

LINEモバイルのアクティベーションロック画像

次にiPhoneのホームボタンを押してください。Wi-Fiに接続する画面になりますのでWi-Fiの設定を行ってください。ここで気をつけることが一つあります。ホームボタンを押しすぎるとアクティベーションが進まなくことがありますので、一度押したらiPhoneが動くまで待ってください。

もしも、アクティベーションが止まって進まなくなったようであれば、もう一度SIMカードを取り出し、はじめから設定を行います。

LINEモバイルのアクティベーション画像

Apple IDを設定している場合はApple IDのアクテイベーションロックを解除しなくてはいけません。Apple IDとパスワードを入力してください。その後、右上の「次へ」を押してください。

LINEモバイルのアクティベーションロック解除画像

これでSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」を使ったauのiPhone 5のSIMロック解除設定は終了です。4Gの表示が現れ、電話、SMS、インターネット等が正しく使えるか確認してください。

auのiPhone SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)設定時に起こる特有のトラブル

auのiPhoneをSIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でSIMロック解除設定する時によく起こる問題があります。下記の2点が主によく起こりうる問題です。

  • 設定ミスによるSIMロック解除アダプタの動作不良
  • 圏外病:iPhoneが格安SIMカードで通信回線をキャッチできず圏外となる

特有のトラブルの詳細内容や、トラブル発生時の復帰方法などが知りたい方は下記ページをご覧ください。

SmartKing Xを使った場合、設定時に圏外病になることは一度もありませんでした。長期利用時にも圏外病の発生は一切ありません。安心して利用可能です。

設定時にはSIMカードの接触不良が起こることもあります。SIMスロットが曲がってしまい、そのためにSIMカードが接触不良になります。その場合、SIMスロットの歪みをできるだけ治して設定してください。

  • mineo AプランでテザリングできていたiPhoneはテザリングできなくなる

mineo AプランでたまたまテザリングができていたiPhoneをSIMロック解除アダプタでアクティベーションしてしまうとmineo Aプランでのテザリングは二度とできなくなります。復元してもテザリングは復活しません。

ですが、SIMロック解除アダプタを使って「LINEモバイル」等ドコモ回線の格安SIMを使うことができますので、テザリングも利用できます。mineo Aプランで使い続けたい人は注意してください。

auのiPhone SIMロック解除アダプタ利用時の不安要素・問題点

auのiPhone 5をSmartKingやGPPLTE 4G+、R-SIM 11+でSIMロック解除すると電話、SMS、インターネット、テザリングが全て使えるようになります。どれか一つでも機能していない場合は、SIMロック解除アダプタが正常に動作していないということになります。

その場合、もう一度はじめから設定を行ってください。できれば、auのSIMカードとSIMロック解除アダプタで同じように設定して、再度格安SIMでの設定を行うと設定情報がリセットされるため、不具合の解消が早くなります。丁寧に設定すれば2回目で正しく動作するはずです。

SmartKing X等のSIMロック解除アダプタと格安SIMをいくつかテストしましたが、結果はほぼ良好です。ただ、FREETELのSIMカードを使った時にだけ時計の遅れ、アクティベーションが外れるということがありました。小さな不具合ですが、FREETEL以外の格安SIMを使うことをオススメします。

このSmartKing XやGPPLTE 4G+、R-SIM 11+はとても優秀なSIMロック解除アダプタです。しかし、少々懸念される問題があります。それは今後のAppleの対応です。この3種類のSIMロック解除アダプタはアクティベーションによるSIMロック解除を実現しています。そのためiPhoneのすべての機能を制限なく利用できるようになっています。

しかし、アクティベーションというのはAppleのアクティベーションサーバーに情報を書き込むことになります。非公式なSIMロック解除情報が書き込まれるとやがてAppleが対策をするようになる可能性もあります。キャリアが販売したiPhoneの情報がSIMロック解除アダプタにより書き換えられるのでサーバー情報でエラーが出ることもあるかもしれません。

しかし、逆に今では公式SIMロック解除もできるようになっているため、公式のSIMロック解除と同じ手順で情報の書き込みが行われているとすればAppleが対策をする可能性も少ないでしょう。

今はまだ何も対策情報は出ていませんし、正常にSIMロック解除が出来ます。SIMロック解除アダプタに詳しい方の話では、SIMロック解除アダプタとSIMカードはセットにした方が良いかもということでした。つまり、SIMロック解除アダプタは一度格安SIMで使ったらその格安SIM専用にした方が良い、別の格安SIMを使うのであれば新しくSIMロック解除アダプタを使うようにする。そうすればアクティベーションエラーを防ぐことができるかもしれないということでした。

本当にそうなるかは分かりませんが、不安な人はSIMカードとSIMロック解除アダプタを専用セットにして使いましょう。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)SmartKing XでauのiPhone 5 をSIMロック解除した動作テスト結果

SIMロック解除アダプタ「SmartKing X」を使ってauのiPhone 5、またはその他のiPhoneをSIMロック解除し、LINEモバイルでテストした動作結果をまとめました。

au iPhone iOS10.3.2 SmartKing Xテスト

au iPhone 電話発信 SMS発信 4G テザリング 通信速度
(PM12:30分測定)
電話着信 SMS着信 3G
iPhone 7 4G下り:9.76Mbps
4G上り:3,89Mbps
3G下り:2.32Mbps
3G上り:1.8Mbps
iPhone 7 Plus 4G下り:7.25Mbps
4G上り:3.14Mbps
3G下り:2.09Mbps
3G上り:1.14Mbps
iPhone 6s 4G下り:10.24Mbps
4G上り:3.87Mbps
3G下り:3.98Mbps
3G上り:2.19Mbps
iPhone 6s Plus 4G下り:9.03Mbps
4G上り:2.54Mbps
3G下り:1.77Mbps
3G上り:0.98Mbps
iPhone SE 4G下り:8.92Mbps
4G上り:6.53Mbps
3G下り:2.83Mbps
3G上り:3.77Mbps
iPhone 6 4G下り:6.04Mbps
4G上り:4.77Mbps
3G下り:3.05Mbps
3G上り:1.56Mbps
iPhone 6 Plus 4G下り:12Mbps
4G上り:10Mbps
3G下り:10Mbps
3G上り:10Mbps
iPhone 5S 4G下り:10.85Mbps
4G上り:6.20Mbps
3G下り:1.83Mbps
3G上り:2.40Mbps
iPhone 5C 4G下り:12Mbps
4G上り:10Mbps
3G下り:10Mbps
3G上り:10Mbps
iPhone 5 4G下り:9.74Mbps
4G上り:5.36Mbps
3G下り:2.78Mbps
3G上り:2.94Mbps
iPhone 4S × × × × 4G下り:-Mbps
4G上り:-Mbps
3G下り:-Mbps
3G上り:-Mbps
× × ×

各、SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)、格安SIMカード、iPhoneのシリーズ、iOS毎の実機テストの詳細レビュー

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)SmartKing XでauのiPhone 5 をSIMロック解除するまとめ

SIMロック解除アダプタは何年も前から発売され続けてきました。iOSが新しくなるたびにSIMロック解除アダプタも発売されます。今までのSIMロック解除アダプタは圏外病になったり、正しく動作しなかったり、テザリングができなかったり、電話が正しく着信できなかったり、iPhoneとの相性で動作が大きく変わったりとかなり時間を割いてiPhoneのSIMロック解除に取り組める人でないと使うことができませんでした。

しかし、今回発売された「SmartKing X」や「GPPLTE 4G+」、「R-SIM 11+」は完全日本向けに作られていて日本の格安SIM事情に合わせた内容になっています。そのため、電話着信が遅れることも、テザリングができないようなことも、圏外病になることもありません。最新のiOSが使えるiPhoneであれば必ずと言い切れるほど使えるSIMロック解除アダプタです。

また、auのiPhoneはmineoでもUQ mobileでも公式では対象外です。au回線だと3Gインターネットができないためにネットのみ圏外になってしまうことが多いからです。でもドコモ回線の格安SIMだと3Gでもインターネットができるので不便さは解消されます。iPhone 5とiPhone 5CはiOS11にアップデートできませんが、ずっと使い続けたいという人はSmartKing X、GPPLTE 4G+、R-SIM 11+のどれかを使ってSIMロック解除し格安SIMで使い続けるのがいいでしょう。

またSmartKing Xでついでに次のこともテストしました。

  • キャリア情報がドコモになった状態ならSIMロック解除アダプタはなくてもいいのではないか?

SmartKing X、GPPLTE 4G+、R-SIM 11+でSIMロック解除をするとキャリア情報がドコモになります。これはiPhoneの設定で確かめることができます。

つまりSmartKing Xをセットしてドコモでアクティベーションするとドコモで購入したiPhoneということになります。ということはドコモ回線の格安SIMを使うとSIMロック解除の必要はなくなるのではと思ってテストしましたが、SIMロック解除アダプタを外して格安SIMをセットすると、アクティベートできないと表示されますので使えません。

  • APNは先にセットした方がいいかあとでセットした方がいいか

SmartKing X、GPPLTE 4G+、R-SIM 11+で格安SIMを使う場合は先にAPNをセットした方がいいのか、SIMカードをセットしてからAPNをインストールした方がいいのかというテストも行いました。結果としてはAPNを先にインストールしてからSIMカードのセットをした方がSIMロック解除の成功率は高くなりました。

  • SMSの使えないデータ通信SIMでテスト

SMSオプションを契約していない格安SIMカードでのテストも行いました。結果は、SMSがなくても圏外病になったりせずに使うことができます。ですが、アンテナ表示ができず、電池の消耗が著しく減ります。SMSオプションは絶対に申し込みしてください。

  • アクティベーション中は絶対にボタンを押さない

SmartKing X、GPPLTE 4G+、R-SIM 11+を使う場合、アクティベーションが必ず必要になりますが、アクティベーション中にiPhoneのスリープボタンやホームボタンを触らないようにしてください。ホームボタンやスリープボタンを押してしまうとアクティベーションが終わらなくなってしまう現象が確認されました。

  • LINEの年齢認証ができる

今までのSIMロック解除アダプタだとLINEモバイルの格安SIMを使ってもLINEの年齢認証を使うことはできませんでした。しかし、SmartKing X、GPPLTE 4G+、R-SIM 11+のアクティベーションSIMアンロックシステムだとLINEの年齢認証も使えるようになります。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)でSIMロック解除したauのiPhoneで使える格安SIMカード

SIMロック解除アダプタSmartKing Xを利用してSIMロック解除したauのiPhone 5で認識できる格安SIMカードはドコモ回線を利用した格安SIMカードのみです。LINEモバイル楽天モバイルIIJmio(みおふぉん)OCNモバイルONEDMM mobileでの動作も確認できています。

また、iPhoneで格安SIMカードを利用する場合、必ずSMSオプションを必要とします。SMSオプションをつけない場合、アンテナ表示が出なかったりするため iPhoneの電力が激しく消耗します。格安SIMカード契約時にSMS付プランを選択するか、音声通話付きプランを選択してください。音声通話付きプランには標準でSMSのオプションがついています。

ドコモの通信回線を利用している格安SIMカード(MVNO)

ドコモの通信回線を利用している格安SIMカードの一覧です。SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)「SmartKing X」、「GPPLTE 4G+」、「R-SIM 11+」でSIMロック解除したauのiPhoneで格安SIMカードを利用する場合は下記のリストの中にある格安SIMカードからお選びください。

利用可能な格安SIM 公式サイト

利用可能な格安SIM 詳細解説ページ

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次