• 最終更新日:2017/01/16
ニュース記事の概要

auで契約しているiPhoneの毎月の利用料金を節約したい!そう思ったとき1番最初の選択肢となるのが格安SIMカードです。でも、いろいろと情報を調べてみるとauのiPhoneで格安SIMカードを利用することはできるといった記事と、できないといった記事が見受けられます。両方の記事を目にしてしまった人は利用できるのか不安になっていると思いますが安心してください。auのiPhoneでも格安SIMカードを利用することができます。しっかりと毎月のiPhoneの利用料金を節約することができるので大丈夫です。

ただ、どの格安SIMカードでも大丈夫なわけではなく、auのiPhoneで利用しやすい格安SIMカードがあります。auのiPhoneで利用しやすい格安SIMカードの紹介と、自分の利用条件によって、その中でもどの格安SIMカードを選べば良いのかわかりやすいように紹介していますので、auのiPhoneで格安SIMカードを利用したいと考えている人は一度ご覧になってみてください。

この記事は約 12 分で読めます。(6781)

auのiPhoneで格安SIMカードは使えるの?

auのiPhoneで格安SIMカードは使えないと言った情報を目にすることがありますが、安心してください。auのiPhoneでも格安SIMカードは使えます。

auのiPhoneにはau回線の格安SIMカード

auのiPhoneで格安SIMカードはどうすれば使えるのでしょうか?格安SIMカードにはauの回線を使った格安SIMカードがあります。auの回線を使った格安SIMカードはauのiPhoneで利用できるように作られています。auの回線を使った格安SIMカードはauで購入したiPhoneで利用することを想定していて、元はauが発行しているSIMカードとまったく同じ物なのです。そのため、au回線の格安SIMカードであればau iPhoneですぐに使い始める事が出来ます。

au回線同士であればSIMロック解除も不要、差し込んで設定変更するだけ!

また、SIMロックが解除できないiPhoneなんだけど・・・と心配しなくても大丈夫です。au回線の格安SIMカードはiPhoneのSIMロックを解除しなくてもauのiPhoneで利用できるように作られています。auのiPhoneで格安SIMを利用したい人はまず第一にau回線の格安SIMカードを考えましょう。

ドコモ回線に比べると種類は少ないが良い格安SIMカードが揃っている

格安SIMカードは今では200を超える種類があります。しかし、その多くがドコモ回線の格安SIMカードで、au回線の格安SIMカードはとても少なく、筆者が知り得る程度で5〜10社程度です。しかし、au回線の格安SIMカードには数多くあるドコモ回線の格安SIMカードの良いところを取り入れた格安SIMカードがあり、格安SIMカードを使いたい人にとって不足のないサービスを展開しています。

au回線の格安SIMカード

au回線の格安SIMカードは、mineo(マイネオ)、UQ mobile、IIJmio(みおふぉん)、Fiimo、 J:COM等が全国展開しています。他にも地元ケーブルテレビがau回線の格安SIMカードのサービスを行っている場合もあります。au回線の格安SIMカードでは携帯電話番号による音声通話、携帯電話番号によるSMSメッセージ(ショートメール、Cメール)の送受信、インターネット通信が可能です。

mineo(マイネオ)

今はmineo(マイネオ)が最も有名なau回線の格安SIMカードとして親しまれています。mineo(マイネオ)は現在auを使っている人にとって一番選択しやすいプランを提供しており、携帯電話番号の乗り換えサービスにも対応します。今現在、携帯電話番号を持たない人でも新規契約による電話番号の取得やデータ通信プランのみの契約もできます。料金はもちろん格安で700円から利用ができます。

auのLTE回線に対応するSIMカード、VoLTEに対応するSIMカードの両方を提供しているので利用するiPhoneに合わせてLTE、VoLTEのサービスから選ぶことができます。

mineo(マイネオ)Aプラン(au回線プラン)料金表

mineo(マイネオ)のAプランの料金表です。Aプランはau回線を使った格安SIMカードのサービス名称です。

プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付き
SMS付き
デュアルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMS付き
シングルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMSなし
シングルタイプ
通信速度
500MBプラン500MB1,310円700円700円下り最大225Mbps
上り50Mbps
1GBプラン1GB1,410円800円800円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3GBプラン3GB1,510円900円900円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
5GBプラン5GB2,190円1,580円1,580円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
10GBプラン10GB3,130円2,520円2,520円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps

UQ mobile

UQ mobileはKDDIの子会社、UQコミュニケーションズが作った格安SIMカードサービスです。UQ mobileでも携帯電話番号による音声通話サービス、SMS、インターネットが使えます。今現在、UQ mobileではauのiPhoneでSIMロック解除できるもの(iPhone 6s以降)しか公式サポートされていません。しかし、実際にはauで購入したiPhone 5sやiPhone 5c、iPhone 6、iPhone 6 Plusでの利用も可能です。

UQ mobileはUQ版のiPhone5sの利用と、さらにぴったりプラン、2017年2月に始まる「おしゃべりプラン」を推奨しています。ぴったりプランやおしゃべりプランは電話、インターネットがセットになったプランです。バラバラなプランやオプションを一つにまとめたセットプランで1,980円から利用できます。しかし、auやau回線の格安SIMカードを利用した人が乗り換えで契約すると割引がなくなり毎月3,000円以上の月額料金になってしまいます。

UQmobile料金表

UQmobileの料金表です。

UQ mobile プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付きSIM
SMS付き
月額料金
データ通信専SIM
SMS付き
月額料金
データ通信専SIM
SMSなし
通信速度
データ高速プラン3GB1,680円980円980円下り最大150Mbps
上り最大25Mbps
データ無制限無制限2,680円1,980円1,980円下り最大500Kbps
上り最大500Kbps
ぴったりプラン1GB2,980円〜--下り最大150Mbps
上り最大25Mbps
たっぷりプラン3GB3,980円〜-^下り最大150Mbps
上り最大25Mbps

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)でもau回線の格安SIMカードのサービスを展開しています。IIJmio(みおふぉん)はVoLTE対応のSIMカードを中心に取り扱いをしており、SIMロック解除できるauのiPhoneでしか利用できません。iPhone 5s等では使えないということです。

IIJmio(みおふぉん)はもともとドコモ回線の格安SIMカードのサービスを2005年以前から始めており、格安SIMカードサービスとして実績のある会社です。格安SIMカードをよく知る人の中では定番中の定番の格安SIMカードと認知されていて利用者が多くいます。

IIJmio(みおふぉん)の料金は格安SIMカードの中では標準的ですが、通話オプションに「だれでも3分家族なら10分かけ放題」「だれでも5分家族なら30分かけ放題」があります。家族との電話を重視したい人にならとても重要なオプションです。au回線を使って家族との通話をたくさん使うという人が選ぶべき格安SIMカードサービスです。

IIJmio(みおふぉん)タイプA(au回線プラン)料金表

IIJmio(みおふぉん)のタイプAの料金表です。タイプAはau回線のサービス名称です。

プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付きSIM
SMS付き
月額料金
データ通信専用SIM
SMS付き
通信速度
ミニマムスタートプラン3GB1,600円900円下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
ライトスタートプラン6GB2,220円1,520円下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
ファミリーシェアプラン10GB3,260円2,560円下り最大370Mbps
上り最大50Mbps
IIJmio(みおふぉん)かけ放題オプション

IIJmio(みおふぉん)のかけ放題オプションです。音声通話SIMを選んだ場合に契約できます。

かけ放題オプション月額料金国内通話同一契約間通話
誰とでも3分&家族と10分600円3分以内の通話無料、
超過時は10円/30秒
10分以内の通話無料、
超過時は8円/30秒
誰とでも5分&家族と30分830円5分以内の通話無料、
超過時は10円/30秒
30分以内の通話無料、
超過時は8円/30秒

FiiMo

FiiMoは四国のST NETが始めたau回線の格安SIMカードです。基本的にmineo(マイネオ)のサービスと同じ様な内容です。auのiPhoneでSIMロック解除することなく利用できます。ローカル感が強いため特別な理由がない限りはmineo(マイネオ)を選ぶ方が理想的です。

FiiMoの料金表

FiiMoの料金表です。

プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付き
SMS付き
デュアルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMS付き
シングルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMSなし
シングルタイプ
通信速度
3GBプラン3GB1,600円1,050円900円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
5GBプラン5GB2,300円1,750円1,600円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
10GBプラン10GB3,350円2,8002,650円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps

J:COM(ジェーコム)mobile

J:COM(ジェーコム)mobileもau回線の格安SIMサービスです。ただ、全国でサービスは使えるものの、申し込みできる地域は1部に限られています。。北海道の一部、宮城県、関東圏、近畿地方、九州の人のみが申し込みできます。基本的にはJ:COM(ジェーコム)のケーブルテレビ等のサービスを利用している人のみが申し込みできるサービスとなっています。

J:COM(ジェーコム)mobileは3GBプランで音声通話SIM、データ通信SIMのみを提供しています。

J:COM(ジェーコム)mobileの料金表

J:COM(ジェーコム)mobileの料金表です。

プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付き
SMS付き
デュアルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMSなし
シングルタイプ
通信速度
3GBプラン3GB1,600円900円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps

Apple SIM

au回線の格安SIMカードというわけではありませんが、プリペイドタイプとしてApple SIMを使う方法もあります。auのプリペイドサービスを使った通信サービスで、現在はiPadのみ利用可能です。

プリペイドタイプですので通信容量をチャージして使う方法となります。

Apple SIM auプリペイドチャージ料金

Apple SIMを利用した場合でもauのプリペイドの料金と同じです。

Apple SIMチャージ通信容量/回チャージ料金
通信速度
auプリペイド1GB1,500円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
  • au回線の格安SIMカードの詳細や比較内容がもっと詳しく知りたい人はこちら:auのiPhoneにおすすめの格安SIMカード・MVNOを徹底比較

auのiPhoneとau回線の格安SIMカードで問題はテザリング

auのiPhoneをau回線の格安SIMカードで使った場合、一番問題になるのはテザリングです。au回線の格安SIMカードであるmineo(マイネオ)、UQ mobile、IIJmio(みおふぉん)、Fiimoでは本来テザリングができるようになっています。しかし、auで購入したiPhoneやアップルストアで購入したSIMフリーiPhoneではテザリングができません。SIMカードとiPhoneの相性問題で公式にはテザリングできないようになっています。

しかし、mineo(マイネオ)では一部の人に限りiPhoneでのテザリングが可能となっています。どうしてテザリングが一部の人だけ可能なのかは未だに公式見解では原因不明となっています。

au回線の格安SIMカードとiPhoneでテザリングを使う方法は、今のところUQ mobileが提供するiPhone 5sをセット契約する方法のみとなります。UQ mobileではiPhone 5sを自主販売するようになり、UQ mobileのSIMカードのみ対応したiPhone 5sを販売しています。UQ版iPhone 5sをぴったりプラン等とセット契約することでテザリングが使えるiPhoneになります。

もしも、SIMロック解除できるauのiPhoneを持っている場合はUQmobileを利用せず、SIMロックを解除しドコモ回線の格安SIMカードを使うことでテザリングも利用することができるようになります。テザリングが必要な人はSIMロック解除してドコモ回線の格安SIMカードからお選び下さい。

au回線の格安SIMカードで使える機能

au回線の格安SIMカードはauで購入したiPhoneでテザリング以外の機能であれば全て利用することができます。

au回線の格安SIMカードで使える機能:インターネット通信

当然ですがauの格安SIMカードでインターネットの通信を行うことができます。基本的にインターネット通信全般のサービスを利用できます。

au回線の格安SIMカードで使える機能:通話

auの格安SIMカードは日本全国にあるauの通信設備を使えます。電波塔、基地局などauが提供している全ての通信設備を使ってauを契約している時と同じように使えます。電話もau回線を通すため格安SIMカードだからといって音声通話の品質が悪くなったりすることはありません。

通話のオプションがあるIIJmio(みおふぉん)を選ぶことで「かけ放題オプション」を利用することもできますし、DMM mobileや楽天モバイルが提供している半額通話アプリを利用することで通話料金を節約することもできます。

1番人気のmineo(マイネオ)の格安SIMカードには「かけ放題」のような通話オプションがなく30分や60分の無料通話オプションしかありませんが、2016年11月からFREETEL SIMが提供する「だれでもカケホ」と言う「かけ放題」オプションをmineo(マイネオ)でも利用することができるようになるのでmineo(マイネオ)でも「かけ放題」で通話料金の節約ができるようになります。

FREETEL SIMの「だれでもカケホ」は1分、5分、10分のかけ放題オプションを選ぶことができます。

オプション名月額国内通話料国際通話料
1分かけ放題299円最初の1分間0円10円/30秒(非課税)
5分かけ放題840円最初の5分間0円10円/30秒(非課税)
10分かけ放題1,499円最初の10分間0円10円/30秒(非課税)
半額通話0円10円/30秒(税別)10円/30秒(非課税)

ほとんどの人がFREETEL SIMの「だれでもカケホ」で通話料金を安くすることができることでしょう。

au回線の格安SIMカードで使える機能:SMS

au回線の格安SIMカードはどの通信会社を選んでもSMSサービスがあり、SMSサービスを契約すれば確実にSMSを利用することができます。

au回線の格安SIMカードで使える機能:MNP

au回線の格安SIMカードは乗り換え契約も新規契約も簡単にできます。

新規は簡単な手順でスタートできる

新規申し込みはデータ通信SIMを申し込む場合か、新しく電話番号を与えてもらう契約の方法です。サービスの選択、氏名や住所等の入力、本人確認書類の提出、支払い方法の登録をするだけで申し込みできます。

乗り換えでも手順は簡単!たったの4ステップ

乗り換えの場合は、ドコモ、au、ソフトバンクに乗り換え予約番号を発行してもらい、格安SIMカード申し込み時に乗り換え予約番号の入力と氏名、住所等の入力、サービスの選択、本人確認書類の提出、支払い方法の登録をすることで乗り換えが完了します。

簡単4ステップの内容
  • 1:格安SIMカードを申し込み
  • 2:電話番号を移行する(MNP)
  • 3: iPhoneに格安SIMカードを差す
  • 4:iPhoneにネットワーク設定を行う

iPhoneで格安SIMカードを利用する場合、格安SIMカードを申し込み後、送られてくるSIMカードの開通手続きをします。サポートセンターに電話をするかホームページ上で手続きをします。約30分ほどです。

その後、iPhoneにSIMカードを差し込み、指定されたネットワーク設定用のファイルをダウンロード、インストールするだけです。約2分ほどで完了します。

iPhoneで格安SIMカードに乗り換える方法やもっと詳しい手順が知りたい人は下記ページをご覧下さい。

  • iPhoneで格安SIMカードに乗り換える方法・手順まとめ

auのiPhone 機種別動作対応情報一覧表

au回線の格安SIMカードを使った場合のiPhoneの動作確認表です。格安SIMカードによっては少し違いがあるもののおおまかには下記の表のようになっています。3Gデータ通信はau回線の格安SIMカードでは提供されないため×となります。

au iPhoneの機種名通話4G LTEデータ通信3Gデータ通信SMSテザリング利用出来る格安SIMカード
iPhone 7 Plus××mineo、UQ mobile、IIJmio、FiiMO
iPhone 7××mineo、UQ mobile、IIJmio、FiiMO
iPhone 6s Plus××
UQ mobileのみSIMロック解除して利用可
mineo、UQ mobile、IIJmio、FiiMO
iPhone 6s××
UQ mobileのみSIMロック解除して利用可
mineo、UQ mobile、IIJmio、FiiMO
iPhone 6 Plus××mineo、UQ mobile、FiiMO
iPhone 6××mineo、UQ mobile、FiiMO
iPhone SE××
UQ mobileのみSIMロック解除して利用可
mineo、UQ mobile、IIJmio、FiiMO
iPhone 5s××mineo、UQ mobile、FiiMO
iPhone 5c××mineo、UQ mobile、FiiMO
iPhone 5××mineo、FiiMO
iPhone 4s×××mineo、FiiMO

auのiPhoneでも格安SIMカードは使える!まとめ

au回線を使った格安SIMカードを使えば、簡単にauのiPhoneでも格安SIMカードは使えます。手続きも簡単、auで契約した時のように1時間も2時間も時間がかかるようなことはありません。プランも分かりやすくなっているため迷うことは少ないです。

どうしても、テザリングも使いたい!という人は、SIMロック解除を行いドコモ回線の格安SIMカードを使いましょう。SIMロック解除できないiPhoneの場合はSIMフリーiPhoneをアップルストアで購入するか、ドコモのiPhoneを中古で購入して利用しましょう。

auのiPhoneでau回線の格安SIMカードを使えば、今までの月額料金を半分以上安くすることができます。家計の節約には食費の節約や、光熱費の節約など色々ありますが、どれも年間数万円の節約がいいとこです。しかし、格安SIMカードによる節約は年間にして10万、場合によってはもっと節約することができます。確実に毎月の貯金が増えていくのが分かる節約法でもあるので、速く格安SIMカードを利用した方がお得です。

au iPhoneユーザーにオススメの格安SIMカード

au iPhoneの人へ、筆者の最もオススメの格安SIMカードは、やはり、mineo(マイネオ)です。700円から利用できて、利用中のユーザーへのキャンペーンも多くいつまでもお得な格安SIMカードです。すでにau iPhoneユーザーも多く、実績があり速度も安定しているので安心して利用できます。

au回線の格安SIMカード一覧

au iPhoneユーザーに最もオススメの格安SIMカード mineo(マイネオ)
  • au回線の格安SIMカードで一番人気の「mineo(マイネオ)」
iPhoneの同時購入が必要になるがテザリングが利用できる格安SIMカード UQ mobile
SIMロック解除は必要になるが「かけ放題オプション」を利用できる格安SIMカードIIJmio(みおふぉん)