iPhoneはSIMロック解除アダプタがいいのか、脱獄がいいのか比較

  • 公開日:2017/10/02
  • 更新日:2017/10/20

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク等)で購入したiPhoneSIMロック解除してSIMフリー化しないと格安SIMで利用することができません。iPhoneをSIMフリー化する方法はいくつかありますiIPhone6以前の機種に関しては公式でのSIMロック解除で対応することができません。そのためその他の方法で対応する必要がありますが、その中でも代表的なものは、SIMロック解除アダプタを利用する方法と脱獄(ジュエルブレイク)を利用する方法が有名です。この2つのどちらを利用してIPhoneをSIMロック解除するのがいいのか、それぞれを考察し比較してみました。

この記事は約 分で読めます。(文字)

iPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)について

iPhoneには昔から脱獄(ジェイルブレイク)という非公式中の非公式な使い方があります。脱獄(ジェイルブレイク)というのはiPhoneに秘められた能力を最大限に引き出すことを目的として始められたiOSの改造です。この脱獄(ジェイルブレイク)というiOSの改造をするとiPhoneで今までできなかったことが実現できるようになります。

iPhoneには本来なら脱獄(ジェイルブレイク)で実現できる内容は普通のiOSでもできることだったりするのですが、Appleの意向により制限を設けていて使えないようにされている機能がたくさんあります。

脱獄(ジェイルブレイク)をするとその機能が解放できるようになるのですが、脱獄(ジェイルブレイク)は犯罪的な名前の通り、危険な行為でもあります。

iPhoneはiOS10.2まで脱獄ができる

現在iPhoneの最新OSバージョンはiOS11.1ですが、脱獄(ジェイルブレイク)ができるiOSバージョンはiOS10.2あたりまでとなっています。

脱獄(ジェイルブレイク)するプログラムによって対応できるiOSのバージョンは異なります。脱獄(ジェイルブレイク)のテスト版ではiOS11でも成功している人もいるようです。

iPhone脱獄(ジェイルブレイク)のメリット

iPhoneの脱獄(ジェイルブレイク)をすると以下のようなことができるようになります。

  • SIMロック解除できる
  • テザリングアプリが使える
  • ホーム画面のアイコンや配置を変更できる
  • アプリ履歴の一括終了ができる
  • コピー&ペースト機能の拡張ができる
  • カメラシャッター音を消せる
  • スクロールを速くできる
  • ステータスバーが設定変更できる
  • 広告、ポップアップをブロックできるようになる

デザリングやSIMロック解除ができるというのは嬉しい機能ですが、それ以外はあってもなくてもあまり困ることはない機能です。ちょっと珍しいことができるので話題にはできるという程度ですね。

iPhone脱獄(ジェイルブレイク)のデメリット

iPhoneを脱獄(ジェイルブレイク)した場合に起こりうるデメリットです。

  • セキュリティ危ない
  • 脱獄(ジェイルブレイク)したものを販売して逮捕された人もいる
  • ベースシステムが壊れることもある リンゴループ現象になる
  • 最新OSは使えない つまり最新OS対応のアプリは使えない
  • 電池の消耗が速いことがある
  • 動作が遅くなることがある
  • Appleのサポートを受けることができなくなる
  • 意図しない不具合が発生する
  • 脱獄アプリ同士だと不具合が起きる

不具合的な面が多くあります。またiPhoneが壊れてしまうということも視野に入れておかないといけません。もしも、iPhoneが壊れてしまった場合、本来なら修理に出したいところですが、Appleに修理を出すと脱獄(ジェイルブレイク)していたことがバレます。すると修理対応できないと言われることになります。また、街のiPhone修理屋でも断られることになるでしょう。

iPhoneのSIMロック解除アダプタによるアンロック

「スマートキング X(SmartKing X)」についてとても重要なお知らせ

2017年10月からSIMロック解除アダプタ「スマートキング X(SmartKing X)」によるアクティベーションに対してAppleがなんらかの対策を実施したため現在今まで通りSIMロック解除アダプタを使ってSIMロックを解除することはできなくなっています。

一応対応策を下記のページにまとめていますが、今までのような安定した運用は出来なくなっています。

iPhoneのSIMロック解除アダプタによるアンロック

一方、脱獄(ジェイルブレイク)とは違いますが、iPhoneが流行り出したころに登場したのがSIMロック解除アダプタです。SIMロックがかかって格安SIMや他のSIMカードが使えない制限をなんとかして解除してやろうと作られたアイテムです。

以前はSIMロック解除アダプタの利用は違法だとか、Appleの規約に反しているとかいろいろ言われることもありましたが、SIMロック解除自体が認められた今、SIMロック解除アダプタの利用をとやかく言う人はいなくなりました。結局はSIMロック解除アダプタの利用で違法になることもAppleの規約に反することもないということです。

SIMロック解除アダプタはSIMロック解除に特化したアイテムですのでできることは限られています。

iPhone + SIMロック解除のメリット

SIMロック解除アダプタをiPhoneで使った場合のメリットは次のようなことでしょう。

  • iPhoneのSIMロックを解除できる
  • 現在は最新のOSで利用できる確率が高い
  • 簡単に使える
  • iPhoneが故障する確率は0に近い

SIMロック解除に特化したアイテムなので脱獄(ジェイルブレイク)のように多機能化することはありませんが、一番求められるSIMロック解除はできます。

iPhone + SIMロック解除のデメリット

SIMロック解除アダプタのデメリットは以下のようなことが考えられます。

  • iPhone 4sやそれより古いiPhoneの場合は対応できるアダプタが少ない
  • SIMロック解除できない人も少なからずいる

iPhoneが壊れるということは基本ありません。あくまでSIMカードの機能を拡張するアイテムと捉えてもいいでしょう。

SIMロック解除と脱獄(ジェイルブレイク)どっちがいいの?

結局、脱獄(ジェイルブレイク)のメリットというのは突き詰めればSIMロック解除とテザリングを安く使いたいということに行き着きます。他の脱獄(ジェイルブレイク)による機能はあまり重要ではないように感じます。

SIMロック解除、テザリングであればSIMロック解除アダプタを使えば同じことが実現できます。

初期費用が安いのは脱獄(ジェイルブレイク)

お金がかからずSIMロック解除できるのは脱獄(ジェイルブレイク)です。以前は筆者ももちろん脱獄(ジェイルブレイク)を利用したことがあります。しかし、いつ故障の原因になるか分からないという怖さ、また脱獄(ジェイルブレイク)するために身につけておく知識がSIMロック解除アダプタよりも多いこと、常に自己責任と言われトラブルが発生しても誰にも相談できないことが結構頭を悩ませます。

iOSのアップデートをしたい場合はiPhoneの初期化の必要があったりしますし、脱獄(ジェイルブレイク)を繰り返しているうちに失敗をしてしまうこともあります。初期費用は安いもののiPhoneが壊れた場合は直せないこともあるのでiPhoneの買い直しを迫られることだってあります。そうなると費用は数万円になります。

少しの初期費用で試すのがSIMロック解除アダプタ

初期費用はかかりますが、少ない費用で簡単に設定できるのがSIMロック解除アダプタです。iPhoneの故障に繋がるようなことは少なく安心して使うことができます。

もちろん少々の事前知識は必要になりますが、ある程度のサポートをしてくれる販売店もあります。テザリングも使うSIMカードをしっかり選べば使えますし、脱獄(ジェイルブレイク)に求める最低限のことはクリアしています。

iPhoneはSIMロック解除アダプタがいいのか、脱獄がいいのか比較 まとめ

考えてみると脱獄(ジェイルブレイク)でなければならない理由というのは無いように思えます。多くの人が望むのはSIMロック解除とテザリング機能ですから、SIMロック解除アダプタでiPhoneのSIMフリー化するので十分でしょう。求める内容によってどちらを使うのかは決まりますが、やっぱり脱獄(ジェイルブレイク)のデメリットは怖いものです。脱獄(ジェイルブレイク)は控えておくのが一番です。決してメインで使っているiPhoneを脱獄(ジェイルブレイク)するような危険は犯さないようにしてください。

SIMロック解除アダプタを使ったiPhoneのSIMフリー化は下記のページをご参照ください。

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次