ピコ太郎がCMしている格安SIMってなに?スマホの料金が安い?

  • 公開日:2016/12/26
  • 更新日:2017/09/08

PPAPのピコ太郎さんがCMしている格安SIMってなに? スマホの料金が安くなるってCMしていたけど本当に安くなるの? ピコ太郎さんがやっているこのCMで初めて「格安SIM」という言葉を聞いた人、スマホの料金が安くなるというイメージが伝わってきたと思いますが、そもそも格安SIM自体が何かよく分からない。そのような人に向けて格安SIMの基本から解説しています。格安SIMを使えば本当にスマホの月額料金が安くなります。

この記事は約 分で読めます。(文字)

ピコ太郎さんがCMしている格安SIMって何?

2016年に大ブレイクした「ペンパイナッポーアッポーペン」のピコ太郎さんが行う格安SIM PPAP のCM。

Y!mobile 「格安SIM PPAP」篇 30秒 – YouTube
「I have a SIM」、「I have a 格安」、AH!、「格安SIM」とネタを飛ばしてしています。


出典:Y!mobile 「格安SIM PPAP」篇 30秒 – YouTube

格安SIM という言葉は初めて聞いた方も多いと思います。このCM でピコ太郎さんが言っている「格安SIM」とは一体何でしょうか?

実はこの「格安SIM」というのは今あなたが使っているiPhoneなどのスマホの月額料金が劇的に安くなるサービスの総称です。一般的にスマートフォンを利用していれば、月々の利用金額が7000円から9000円ぐらいの間で支払いしている人がほとんどだと思います。ピコ太郎さんの格安SIMのCMでは「ワンキュッパ、1980円」になるというから驚きですよね。


出典:Y!mobile 「格安SIM PPAP」篇 30秒 – YouTube

CM中、SIMの事を「S:すごく、I:いい、M:ものです」と表現していますが、すごくぴったりと合う上手い表現を見つけたものだなと感じました。


出典:Y!mobile 「格安SIM PPAP」篇 30秒 – YouTube

実際今私はiPhone 6で格安SIMの「LINEモバイル」を利用していますが、なんと月々の利用料金は1500円以下です。え?1500円以下って思いましたか?

そうです。

本当に毎月1500円以下でiPhoneを利用できています。通話も普通に使えますし、インターネットも問題なく利用できます。しかも、LINEモバイルではiPhone やスマホで使うモバイルアプリLINE のサービス利用時の通信料が一切かからないようになっています。LINE にはLINE 無料通話がありますが、こちらを利用して通話すれば何時間電話を使っても通話料金が一切かかりません。

格安SIMって、そんなに安くて大丈夫なの?

毎月、8000円も9000円も払っていてのものが、いきなり2000円以下になると言われるとものすごく怪しい感じがしますよね。私も最初、「格安SIM」というものを知った時、大丈夫このサービス?と感じたことを覚えています。実はこの安さの裏にはちゃんとした理由があり、けっして怪しいサービスではありません。

ピコ太郎さんのCM 以外にも、ガチャピン、ムックと深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんが出てくるUQ モバイルのCMや、サッカー選手の本田さんやXのヨシキさんがCMしていた楽天モバイルなどのCMを見たことがあるかもしれません。これらも格安SIM と呼ばれるものです。そして先ほど私が使っているとお伝えしたLINE モバイルもあの有名なLINE アプリを運営しているLINE が提供している格安SIMです。この様に楽天やLINE といった、しっかりとした企業が提供していて、安心できるサービスと言えます。

「SNSのパパ」篇 – YouTube

では、なぜそのようなしっかりとした企業が運営しているにも関わらず、このように更にサービスを安く提供することができるのか。それは、今までドコモやau 、ソフトバンクといった大手携帯会社が利用してきたアンテナや電波網などの使わなくなった回線環境を楽天やLINE といった格安SIMのサービスを提供している企業に安く貸し出し、その借り受けた回線を使って格安SIM カード会社はユーザーの皆さんに安く携帯サービスを提供しているのです。

各格安SIM カード会社はドコモ、au、ソフトバンクなどと違い、自分でアンテナを設置したり、電波網を管理したりする必要がないため非常に安いコストでインターネットサービスや通話サービスを提供することができるのです。それが、今まで8000円や9000円もかかっていたスマホの月額料金が2000円以下に抑えられる理由です。

格安SIMに不便さはないの?

それだけ安いなら今すぐに変更すればよいと思うかもしれません。しかし、安さの裏には若干の不便さもあります。不便さの一つは、メールアドレスです。今までドコモやau 、ソフトバンクでは必ず@docomoや、@ezweb、@i.softbankなどといった各キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)ごとのメールアドレスが付与されていました。しかし、格安SIM の会社ではこのようなメールアドレスが発行されません。そのため、自分でメールアドレスを取得して利用する必要があります。

有名なものではGoogle が提供しているGmailが無料で使えて非常に使い勝手もいいので格安SIM カードを使っている人の多くはGmailを利用するようにしています。実際、私もLINEモバイルではGmailを利用しています。

もう一つの不便さはインターネットの通信速度です。先ほどもお伝えした通り格安SIMカードで利用されている電波回線はドコモやau 、ソフトバンクが今現在利用しなくなったものです。そのため現状のドコモや、au、ソフトバンクが提供しているインターネット回線に比べると若干劣る部分があるといえます。しかし、劣るといっても数年前の電波回線であり、実際、数年前からスマートフォン利用している人は思いだしてみていただければ良いと思いますが、数年前でもインターネットを利用中にそれほど困ったことは無かったと思います。昼休みの時間帯などに急にインターネットを利用する人が増えて回線が重くなったりといったことはありましたが、全く不通になるわけではありません。

現在、格安SIMカードではメーカーによって昼休みの時間帯に急に混み合い、遅くなるといった現象が出ているものもあります。それは、いろいろな評判をチェックして昼休みの時間帯でも割と早く使えている格安SIM カードを契約することで回避できます。

ピコ太郎がCMしている格安SIMってなに?本当に安いの? まとめ

ドコモやau 、ソフトバンクに比べて若干の不便さはありますが、その不便さを多少我慢することで毎月8000円も9000円もかかっていたスマホの月額費用が2000円以下に節約できるサービス「格安SIM」。毎月自由に使えるお金や貯金が増えることを思えば、不便さはあまり気にならないのではないでしょうか。ピコ太郎さんの「格安SIM」のCMで、格安SIMのサービスに興味を持った方はこちらのサイトで詳しく色々と解説していますのでよろしければご覧ください。

まずは、格安SIM カードの選び方を知りたいという方はこちらのページ「iPhoneで使う格安SIMの選び方とポイント、利用スタイル別【初心者向け】」から閲覧ください。

▲ ページの先頭へ戻る

このページの目次

目次