auのiPhoneに正式対応した唯一の格安SIMカード!お持ちのau iPhoneで格安SIMカードを利用したい方はmineoで決まり:mineo【マイネオ】

mineoのロゴ
対応するiPhoneのキャリア , ,
月額料金 500円〜
音声通話プラン
SMS
テザリング機能
通信速度の切替機能

mineo【マイネオ】ってどんな格安SIM

mineo【マイネオ】はauのiPhoneに使うことができる格安SIMカードを提供しています。現在の格安SIMカードの中で唯一、公式にauのiPhoneで利用できるメジャーな格安SIMカードです。先日まではauのiPhoneに対応していた格安SIMカードにUQ mobileがありましたが、今ではiPhoneに対して正式対応をしなくなっています。auで購入したiPhone5やiPhone5s、iphone6等を格安SIMカードで利用したいのであればmineo【マイネオ】を選択しておくと間違いはありません。

格安SIMカードで料金の他に気になるものの1つに速度がありますよね。mineo【マイネオ】の通信回線はUQ mobileと同じau回線です。通信速度はUQ mobileの方が速いのですが、mineo【マイネオ】も負けてはいません。実用的な通信速度で言えばmineoでも通常のインターネット利用では全く問題なく利用できます。

格安SIMカードで良くネックになりがちなのはメールアドレス。mineo【マイネオ】では@mineo.jpのメールアドレスをもらうことができます。このメールアドレスはパソコンメールと同じ扱いですので、そのまま携帯電話に送信すると迷惑メールとして拒否されてしまうのですが、携帯電話側で受信設定をすることで@mineo.jpのメールを受信してもらうことが可能になります。ここで一番着目すべきことは、一般的なフリーメールとは違い、@mineo.jpは誰でも簡単に取得することはできません。mineo【マイネオ】を利用している人のみが保有するメールアドレスですのでフリーメールのように携帯電話に受信設定をしたら他の迷惑メールも全部届くようになってしまったという問題を回避することができます。

mineo【マイネオ】は各社格付けを行っているランキング等でも満足度ランキング1位など、多くのランキングを獲得しています。運営企業は関西電力のグループ企業で、auのiPhoneで利用する格安SIMカードとしては信頼性、安さ、安定性といった主要要素を兼ね揃えた魅力的な格安SIMカードです。

この記事は約 21 分で読めます。(12266)

mineo【マイネオ】のおすすめポイント・注意したいこと

おすすめポイント

  • auのiPhoneに正式対応した唯一の格安SIMカード
  • iOSのバージョンが変わる時の動作検証が速く、iOSのアップデート処理が実行できるまでの期間を短くできる
  • iPhoneでテザリング以外の機能は安定して使えるのでほとんどの人が困ることはない
  • mineo.jpのメールアドレスが使えるので迷惑メールアドレス対策もやりやすい
  • オススメの節約アプリ、mineoスイッチで通信速度を低速、高速に変更できるので通信量の節約もOK
  • 低速通信利用時でも通信初期の「バースト機能」で快適にインターネットが利用できる
  • 即日電話番号乗り換え(MNP)に対応しているので利用できない期間がなく乗り換えできる
  • マルチキャリアサービス(au+ドコモプラン)に対応しているので家族内でauとドコモのiPhoneがある場合でも利用できる
  • auのiPhoneとドコモのiPhone間のデータ容量のシェアも可能になるので通信量を無駄にしない
  • 家族に限らず知人や友達までもデータ容量をシェアできる分け合える「パケットギフト」
  • mineoユーザー同士なら、ユーザー同士でデータ容量をシェアできる「フリータンク」で誰とでもシェアできる
  • わからないことは、電話やチャットのサービスで何でも質問できるので安心して利用できる
  • mineo(マイネオ)好きが集まる独自のコミュニティサイト「マイネ王」で詳しいサポートを受けることもできる
  • 最低利用期間や違約金がないので安心して試せる
  • 050の通話アプリ「LaLa Call」が無料で提供されているので通話料の安いIP電話を利用できる
  • mineoはauのiPhone、ドコモのiPhone、ソフトバンクのiPhoneに正式対応しています

注意したい事

  • ドコモ、ソフトバンクのiPhone6s以降のiPhoneは公式SIMロック解除が必要になります。ドコモ、ソフトバンクのiPhone6以前のiPhoneは非公式SIMロック解除が必要です。
  • iPhoneはナノSIM。mineoを申し込むときのSIMサイズはナノSIMを選びましょう。(※ 4sはmicro SIM)
  • MNP料金が短期間の乗り換えの場合とても高額になるので要注意
  • 稀に通信規制があるので注意
  • mineo Aプランでは3Gだとデータ通信ができない  エリアが狭い
  • 無料通話が使える通話定額オプションよりも半額通話アプリを利用した方が安い

mineo【マイネオ】の格安SIMカードに向いている人

auのiPhoneを持っていて格安SIMカードを安定して安く利用したいと考えている人

auのiPhoneを持っている、または、所持予定である人はauの契約からmineoに乗り換えましょう。mineoの格安SIMカードはauのiPhoneに正式対応しており、正常に動作します。mineoの格安SIMカードはauが発行しているので動かないはずはありません。auのiPhone5sや5c、iPhone6や6 Plusなど公式のSIMロック解除ができないiPhoneにも対応し正常動作できます。mineoの格安SIMカードでauのiPhoneを使用すると、電話、SMS、インターネットがauでの利用の時とまったく同じ動作をしますから、アプリの利用等にも困ることはありません。ただし、テザリングについてはできない場合が多くあります。

iPhoneをmineoで利用したらauでiPhoneを使いつづけるよりも毎月5,000円以上安くなるのでauのiPhoneを安く使いたい人はmineoを選ぶべきです。mineoはiPhoneのiOSの動作検証結果も素早く知らせてくれます。

mineoの格安SIMカードは通信速度も満足できる速度で利用できます。本家auやauの子会社UQ mobileよりも遅いとか言われていますが、通信速度は数MBあれば動画でもなんでも使えます。実は、通信速度にはそんなにこだわる必要はありません。

また、mineoは独自のメールアドレスも発行しています。もちろんiPhoneのメールアプリに設定すればiPhoneで利用できます。mineoのメールアプリはPCメールで携帯電話に受信拒否されてしまいますが、携帯電話で受信設定を行うとメールを受信してもらうことができるようになります。GmailやYahooメールの場合も受信設定すればメールの受信が可能になるのことは同じですが、mineoの場合、mineo利用者しかメールアドレスを持っていません。ですので、GmailやYahooメールと違い、迷惑メール数がそんなに多くなく受信設定をしたら迷惑メールがたくさん来たといった問題に当たることは限りなく0に近くなります。メール送信先の方に迷惑がかかることもほとんどありません。

安心で、安定したauのiPhone利用を考えている人はmineoの格安SIMカードを選んでおけば間違いないです。

mineo【マイネオ】のAプラン、VoLTE SIMと通常サービスSIMの違い

mineo【マイネオ】のau回線を使う格安SIMカードのAプランの場合、SIMカードのサービス種別に2種類あります。VoLTEサービス対応のSIMカードと通常サービスのSIMカードです。現状VoLTEサービスのSIMカードを利用するには公式のSIMロック解除か必要とされています。そのためSIMロック解除してSIMフリー化できないauのiPhoneでは利用できません。ですのでVoLTE SIMを利用できるのはiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusです。

auのiPhone 5やiPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SEはmineoでのVolteサービスは利用できませんのでVoLTE対応ではない通常サービスのSIMカードを契約してください。

また、auのiPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plusでは通常サービスのSIMカードでも利用することは可能です。その場合はSIMロック解除の必要はありません。しかし、iPhone 7、iPhone 7 PlusではVoLTE対応SIMカードでなければ音声通話の利用ができません。iPhone 7、iPhone 7 Plusの場合はSIMロック解除をしてSIMフリー状態にし、VoLTE対応SIMカードを利用するようにしてください。

auで購入したiPhoneのmineo Aプラン動作確認一覧

auで購入したiPhoneのmineo Aプランでの動作確認一覧です。

機種名SIMカード種別データ通信090音声通話テザリングSMSiOSバージョン備考
iPhone SEnano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 6s Plusnano×iOS10.0.2-
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2SIMロック解除が必要です
(nano)(14A456)
iPhone 6snano×iOS10.0.2-
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2SIMロック解除が必要です
(nano)(14A456)
iPhone 6 Plusnano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 6nano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 5snano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 5cnano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 5nano×iOS10.0.2-
(14A456)

※iPhone 5はmineoの動作確認に記載がありませんが、利用可能なことを確認しましたので記載しています。利用には少々制限があるので、下記の「iPhoneのキャリア別、機種別 mineo【マイネオ】対応状況」をごらんください。

Apple Store【アップルストア】で購入したSIMフリーiPhoneのmineo Aプラン動作確認一覧

Apple Sotre【アップルストア】で購入したSIMフリーiPhoneのmineo Aプラン動作確認一覧です。

機種名SIMカード種別データ通信090音声通話テザリングSMSiOSバージョン備考
iPhone 7 Plusnano××iOS10.0.2アンテナピクトが正しく表示されない場合があります。
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2-
(nano)(14A456)
iPhone 7nano××iOS10.0.2アンテナピクトが正しく表示されない場合があります。
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2-
(nano)(14A456)
iPhone SEnano×iOS10.0.2-
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2-
(nano)(14A456)
iPhone 6s Plusnano×iOS10.0.2-
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2-
(nano)(14A456)
iPhone 6snano×iOS10.0.2-
(14A456)
au VoLTE×iOS10.0.2-
(nano)(14A456)
iPhone 6 Plusnano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 6nano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 5snano×iOS10.0.2-
(14A456)
iPhone 5cnano×iOS10.0.2-
(14A456)

 

mineo【マイネオ】の格安SIMカード料金プラン

mineo【マイネオ】の料金体型の特徴

mineoはau用のプランとドコモ用のプランの2つがある

格安SIMカードのmineoは大きく2種類のプランがあります。基本的には通信回線の違いです。auのiPhoneに対応したプランがmineo Aプランで、au版iPhoneに対応したSIMカードが発行されます。ドコモのiPhoneに対応したプランがmineo Dプランで、ドコモ版iPhoneに対応したSIMカードが発行されます。ソフトバンクのSIMロック解除できるiPhoneに対応した格安SIMカードを検討している人はmineo Dプランを見て下さい。mineoはこのAプランとDプランの2つから成り立っています。

AプランはSMSも無料で安い

mineoの2つのプランには料金に違いがあります。AプランとDプランを比べてみるとAプランの方が料金が少し安いことが分かります。Aプランの方がDプランに比べて音声通話の基本料金が安いためです。mineoはドコモとauから、それぞれに通信回線を借りているのでこのような違いが出ているのです。また、Aプランはデータ通信専用格安SIMカードを契約した場合でもSMSが無料で付いてきます。AプランはSMSが無料なのです。音声通話は必要なくLINEなどのSNSやインターネットを利用したい場合には安くすみます。

基本的に利用できるプランは安い価格で揃っている

mienoの料金は他の格安SIMカードの料金プランと比べても同程度です。平均的な料金体型と言って良いでしょう。多くの人が利用する容量のプランがほどよく揃っていますので、プランも選びやすく、後の利用状況に合わせたプラン変更も容易です。

各プランには2種類のタイプ

プランに、タイプとややこしく感じると思いますが、通話対応か、データ通信専用かの違いだけです。タイプにはデュアルタイプとシングルタイプがあり、通話機能とデータ通信機能を備えているものをデュアルタイプと呼びます。シングルタイプはデータ通信のみに特化しているのでシングルタイプと呼ばれています。デュアルタイプでもシングルタイプでも、利用できるデータ通信容量に違いはありませんので電話が必要か否かという事だけで選択すればOKです。

mienoの通話定額サービスは不要

mienoには通話定額サービスがあります。30分の無料通話、60分の無料通話が月額固定料金を支払うことで利用できるのですが、実際にこの通話定額サービスを利用しても通話料金の節約は一切できません。格安SIMカードには半額通話アプリがあります。通話定額に比べて、半額通話アプリを利用する方が同じ分数の通話をすると安くなるため、そちらを利用した方がお得に節約できます。半額通話アプリはDMMトーク、G-Callを利用するのがおすすめです。

  • 半額通話アプリをiPhoneに導入する方法

mineo【マイネオ】の基本の料金プラン

月額定額制プラン

mineo Aプラン:au iPhone用のプラン
プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付き
SMS付き
デュアルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMS付き
シングルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMSなし
シングルタイプ
通信速度
500MBプラン500MB1,310円700円700円下り最大225Mbps
上り50Mbps
1GBプラン1GB1,410円800円800円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3GBプラン3GB1,510円900円900円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
5GBプラン5GB2,190円1,580円1,580円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
10GBプラン10GB3,130円2,520円2,520円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
mineo Dプラン:ドコモ iPhone用のプラン
プラン名通信容量/月月額料金
音声通話機能付き
SMS付き
デュアルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMS付き
シングルタイプ
月額料金
データ通信専用
SMSなし
シングルタイプ
通信速度
500MBプラン500MB1,400円820円700円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
1GBプラン1GB1,500円920円800円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
3GBプラン3GB1,600円1,020円900円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
5GBプラン5GB2,280円1,700円1,580円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
10GBプラン10GB3,220円2,640円2,520円下り最大225Mbps
上り最大50Mbps
  • ※ データ容量1GBのプランは初月のみ1GB追加され、合計2GB使えます。

mineo【マイネオ】の通話オプション

無料通話オプション

  • 通話定額30:月額840円
  • 通話定額60:月額1,680円

基本的な通話オプション

オプション名有無月額料金
留守番電話月額300円
割り込み通話(キャッチホン)月額200円
転送電話月額0円

その他にかかる費用

データ通信プランと通話プランの基本料金以外にも発生する料金があります。下記表に必要となるものをまとめていますのでご参照ください。

項目金額説明
事務手数料3,000円mineoを契約する上で必ず必要になる手数料です。
違約金0円mineoの解約に伴う違約金は0円です。
通話料金20円/30秒通話料金は通信会社一律の料金となります。mineoには通話定額オプションもありますが、G-CallやDMMトークなどの半額アプリを利用するほうが通話料金を節約できます。
SMS料金Aプラン0円/月
Dプラン120円/月
SMS機能を利用するための料金です。iPhoneで利用される方は必ず必要になる料金です。通話プランを選ばれた方は通話プランに自動付帯となりますので別途契約する必要はありません。
SIMカード変更手数料2,000円SIMカードのサイズが変更となる場合などにかかる変更手数料です。

mineo【マイネオ】の料金シミュレーション

iPhoneでmineoを利用した場合のシミュレーションを行います。mineoの月額料金は格安SIMカードの中でも平均的な価格です。月額は1,510円〜1,600円となっており、auと比べると5,000円ほど安くなっていることが分かります。

シミュレーションの条件

  • 3GBプランの利用者が多いためデータ通信プランは3GBを使ってシミュレーションします。
  • 音声通話つきSIMと音声通話なしSIM、2種類のシミュレーションを行います。

音声通話つきプラン:月額費用シミュレーション

必須項目通信容量金額
合計:計算式
900円+610円
1,510円〜
データ通信プラン3GB900円
音声通話プラン基本使用料(SMS自動付帯)
610円
通話料30秒/10円
半額アプリ使用時

音声通話なしプラン:月額費用シミュレーション

必須項目通信容量金額
合計:計算式
900円+0円
900円
データ通信プラン3GB900円
SMS0円
  • 契約時のみ3,000円の契約事務手数料が必要となり、初月の請求に加算されます。

mineo【マイネオ】の特徴と他社格安SIMカードとの比較

mineo【マイネオ】のおすすめポイント

mineo【マイネオ】のおすすめポイントを以下に挙げてみました。貴重なauのiPhoneにも対応した格安SIMカードであるという点と、パケットシェアの仕組みが充実していること、独自コミュニティの「マイネ王」の存在が挙げられます。

au端末のiPhoneにも対応した数少ない格安SIMカード

メジャーな格安SIMカードの中で、mineoの格安SIMカードはauのiPhoneに公式対応する数少ない格安SIMカードです。auのiPhone5s、5c、iPhone6、6 PlusではSIMロックを解除することなく利用できます。もちろん、iPhone6s、6s Plus、iPhone SEは、au、ドコモに関わらず対応しています。また、ソフトバンクのiPhone6s、6s Plus、iPhone SEでは、SIMロック解除することで利用することできます。mineoのSIMカードをセットしたiPhoneでは電話やSMS、インターネット、数々のアプリなどを制限なく利用することができます。

iOSのバージョンが変わるたびに動作検証が速いのでiOSのアップデート処理実行までの期間が短くできる

iPhoneはiOSというプラグラムで動いています。時々、iOSにはバージョンアップが施されますが、各バージョンアップに対して格安SIMカードは動作が検証されるまで問題なく動作するかどうかが分かりません。mineoではiOSの動作検証をすぐに行いホームページで結果を公開しています。そのため、iOSのバージョンアップに対応するかどうかを早く判断できます。現在では多くのiPhoneが最新のiOSで動作確認されており正常動作しています。

iPhoneでテザリング以外の機能は安定して使えるのでほとんどの人が困ることはない

mineo Aプランではiphoneを使うと電話、SMS、インターネット、数多くのアプリが使えます。テザリングだけは使えないのですが、その他の機能は全て制限なく利用できます。もちろん緊急地震速報も利用できます。

mineo DプランをドコモのiPhoneやソフトバンクのSIMロック解除可能なiPhoneで利用した場合にはテザリングも利用できます。

mineo.jpのメールアドレスが使えるので迷惑メールアドレス対策もやりやすい

mineoのメールアドレス「@mineo.jp」は無料で利用することが可能になります。このメールアドレスは携帯電話に送信すると迷惑メールとして受信拒否されてしまうのですが、携帯電話側で受信設定を変更してもらうことでメールの受信をしてもらうことができます。GmailやYahooメールのフリーメールも同じく受信設定を変更してもらうことでメールの受信が可能になるのですが、GmailやYahooメールの場合は迷惑メールも同様に届く結果となります。しかし、mineoのメールアドレスはmineo利用者しか利用できないので迷惑メールの数は限りなく0に近く、迷惑メールまで受信してしまうことはありません。携帯のメールアドレスを多く利用す人にはとても助かるサービスです。

オススメの節約アプリ、mineoスイッチで通信速度を低速、高速に変更できるので通信量の節約もOK

mineoの格安SIMカードを利用する方はmineoの通信量節約アプリ「mineoスイッチ」が利用できます。mineoスイッチを利用すると通信速度を低速モードに切り替えることができます。低速モードにするとインターネットを容量制限無しに利用することが可能になります。通信速度自体は遅くなるのですが、通信容量は減らず、無限に通信ができるようになるのです。動画など速度の速い通信が必要な場合以外は、主に低速モードで利用し、通信容量をセーブして使うと通信量の節約につながります。

低速通信利用時でも通信初期の「バースト機能」で快適にインターネットが利用できる

mineoの格安SIMカードにはバースト転送機能が搭載されています。バースト転送機能は初めの3秒程度の間のみ高速通信を可能にします。低速モードを利用した場合、通信速度は遅くなりますが、始めの3秒程度の間にバースト転送機能によって8割近くの情報をiPhoneに転送するため3秒後の低速通信時には2割程度の情報を読み込むだけで済みます。つまり、低速通信時でも通信速度が体感で早く感じるようになります。

バースト転送機能はページを更新したり、ナビゲーションアプリが数秒ごとにデータを求めたりするたびに何度でも利用できるので、低速モードを利用している間、体感で通信速度があきらかに遅いと感じることは殆どありません。

バースト転送機能はmineo契約者全員に完全無料で自動的に利用出来るようになっています。

即日電話番号乗り換え(MNP)に対応しているので利用できない期間がなく乗り換えできる

電話番号をそのままmineoで利用したい場合には乗り換えが必要になるのですが、mineoは乗り換えの手続きが自宅で出来るためiPhoneが利用できない、電話が全く使えないといった時間を30分程度に抑えることができます。また、自分のタイミングで使えない時間をコントロールできるので大事な連絡を逃さずに乗り換えができます。

マルチキャリアサービス(au+ドコモプラン)に対応しているので家族内でauとドコモのiPhoneがある場合でも利用できる

mineoのプランはauのiPhoneでもドコモのiPhoneでも利用できます。本来は家族間で使っているiPhoneのキャリアが違う場合は別々の格安SIMカードを選ぶことになるのですが、mineoでは別々にする必要がありません。mineoに統一することができ、回線1つに対し毎月50円の家族割引を受けることもでき、節約に繋げることができます。

auのiPhoneとドコモのiPhone間のデータ容量のシェアも可能になるので通信量を無駄にしない

まだ、多くの人がSIMロック解除対象のiPhone を持っていないのではないでしょうか?iPhone6以前のauのiPhoneやドコモのiPhoneではSIMロック解除を行うことが出来ません。SIMロック解除が出来ないiPhoneの場合、他の格安SIMカードではドコモのiPhone、または、auのiPhoneでしか利用できないため、家族内にauのiPhoneやドコモのiPhoneが混在していると同じ格安SIMカードで契約出来ません。そのため、家族間でのシェアサービスなどが利用できません。

mineoはauのiPhoneでも、ドコモのiPhoneでもSIMロック解除することなく利用できます。つまり、家族内にSIMロック解除が出来ないauのiPhoneやドコモのiPhoneが混在していてもmineoに契約を統一できるため家族間でデータ通信容量を最大5回線で分け合うことができます。通信容量が足らなくなっても分けてもらえば通信容量を追加で購入することなく利用できるのでグループ内で分け合うようにしましょう。

家族に限らず知人や友達までもデータ容量をシェアできる分け合える「パケットギフト」

mineo【マイネオ】にはパケットギフト機能があります。自分の通信容量を家族だけでなく友人や知人にまでプレゼントすることができるのです。10MB単位のプレゼントになりますが、mineoを利用している人同士に限られますが、家族グループ以外に通信容量を贈りあうことができるのはmineoだけです。

mineoユーザー同士なら、ユーザー同士でデータ容量をシェアできる「フリータンク」で誰とでもシェアできる

mineoにはパケットギフトがありますが、その他にも通信容量をシェアできる「フリータンク」があります。mineoのファンサイト「マイネ王」に無料登録するだけで利用ができます。フリータンクに余った通信容量を預けたり、引き出したりできる機能です。フリータンクは日本全国の人と通信容量を貯めてシェアしながら利用することができます。

現在では数千GBの通信容量が貯まっており、さらに通信容量を追加することもできます。そして、通信容量が足らなくなる月末になると1GB引き出して無料で利用することができるようになります。少し少なめのデータ通信容量を契約してもフリータンクから毎月1GB引き出して利用することもできるのでさらなる料金の節約にもなります。もちろんデータ通信容量が余った時にはフリータンクに入れて貯めておくのが一番です。

わからないことは、電話やチャットのサービスで何でも質問できるので安心して利用できる

mineoは電話でカスタマーセンターにサポートしてもらうことができます。SIMカードの初期設定や利用方法でもなんでも相談できます。電話に抵抗がある方にはmineoのホームページからメッセージチャットができます。質問してから答えが返ってくるまでの時間は1分程度と素早く年中無休で気軽になんでも質問できます。

mineo(マイネオ)好きが集まる独自のコミュニティサイト「マイネ王」で詳しいサポートを受けることもできる

mineoのチャットサポートやカスタマーセンターでは、公式にサポートできる範囲の内容しか教えてもらえませんが、「マイネ王」では公式以外の知識を持った方が多く存在し、どんな質問にも応答してくれます。公式ではまったくわからない場合のトラブル相談もマイネ王であれば簡単に解決するという実績もあります。mineoはユーザー間で助け合うスタイルも持っているのです。

最低利用期間や違約金がないので安心して試せる

mienoには違約金というものがありません。他の格安SIMカードには音声通話を利用できるSIMカードを利用すると1年程度の最低利用期間があり、1年以内に解約をすると1万円前後の違約金が発生します。しかし、mineoでは違約金も最低利用期間も定めていませんので解約が気軽にできます。ただし、mineoから他社への乗り換えの場合で、利用期間が1年以内の時は少し高めの乗り換え手数料が発生します。

050の通話アプリ「LaLa Call」が無料で提供されているので通話料の安いIP電話を利用できる

mineoではIP電話での通話アプリ「LaLa Call」が無料で利用できるようになっています。IP電話は通話料が非常に安く利用できる電話サービスです。通話が多い人は「LaLa Call」の利用も検討すると通話料金を節約することができるでしょう。

2017年2月からは「LaLa Call」の月額料金が有料となります。

mineoはauのiPhone、ドコモのiPhone、ソフトバンクのiPhoneに正式対応しています

mineoはauのiPhone5s、5c、iPhone6、6 Plus、iPhone6s、6s Plus、iPhone SEに正式対応しています。ドコモのiPhoneは全て利用できます。ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除に対応するiPhone6s、6s Plus、iPhone SEで利用できます。

mineo【マイネオ】で注意したい事

ソフトバンクのiPhone6s以降のiPhoneは公式SIMロック解除が必要になります。ドコモ、ソフトバンクのiPhone6以前のiPhoneは非公式SIMロック解除が必要です。

mineoのSIMカードをiPhoneで利用する場合はSIMロック解除が必要になるiPhoneとそのまま使えるiPhoneがあります。詳しくは下記の「iPhoneキャリア別情報」「iPhone機種別情報」をご確認ください。

 iPhoneはナノSIMになるので、mineoを申し込むときSIMサイズはナノSIMを選びましょう。

mineo契約時にSIMカードのサイズを選ぶ必要があります。iPhoneはnano SIMを利用するようになっていますのでnanoサイズのSIMカードを選択してください。

  • 申し込み方法の詳しい手順はこちら

MNP料金が短期間の乗り換えの場合とても高額になるので要注意

mineoを契約した後、12ヶ月間利用せずに他社格安SIMカードへ携帯電話番号をそのまま乗り換える場合、乗り換え手数料が高額になります。

稀に通信規制があるので注意

mineoのAプランでは一定期間に大量の通信を行うと親回線であるauから通信速度規制をされる場合が稀にあります。

mineo Aプランでは3Gだとデータ通信ができない  エリアが狭い

mineoのAプランでのインターネット利用は4G LTE回線でのみの利用となります。したがって山奥などでは上手く通信できない場合もあります。

無料通話が使える通話定額オプションよりも半額通話アプリを利用した方が安い

mineoの提供する無料通話サービス「通話定額30」「通話定額60」を利用するよりもDMMトーク、G-Call等を利用する方が通話料金を節約することができます。

iPhoneのキャリア別、機種別 mineo【マイネオ】対応状況

iPhoneのキャリア別情報

ドコモのiPhone 機種別対応情報

iPhone 7シリーズ

iPhone 7、iPhone 7 Plusはmineo【マイネオ】で正式に動作確認されています。

 

iPhone SEシリーズ

iPhone SEはmineoDプランででmineoの利用が正式に可能です。

iPhone 6 シリーズ

mineoとして正式に対応しているのはiPhone 6、6 Plus、6s、6s Plusです。mineoDプランで使えます。

iPhone 5 シリーズ

ドコモのiPhoneの場合はmineoDプランでiPhone5s、5cの利用ができます。

auのiPhone 機種別対応情報

iPhone SEシリーズ

iPhone SEはmineo Aプランでの利用が正式に可能です。

iPhone 6 シリーズ

mineoではiPhone 6、6 Plus、6s、6s PlusをAプランで利用することができます。

iPhone 5 シリーズ

mineoのAプランではauのiPhone 5c、5sに正式対応しています。2016年8月30日からiOS9.3.5以上でも利用が可能になりました。iPhone5でも利用できますが、4GLTEエリアで使える電波が限られているためデータ通信できるエリアは狭くなります。

iPhone 4 シリーズ

iPhone 4sはmineoでは非公式SIMロック解除等をすればmineo Dプランで利用ができます。

ソフトバンクのiPhone 機種別対応情報

iPhone SEシリーズ

iPhone SEはSIMロック解除をすることでmineoでの利用が正式に可能です。

iPhone 6 シリーズ

mineoとして正式に対応しているのは6s、6s Plusのみになります。SIMロック解除をしてから利用しましょう。iPhone 6、6 Plusは非公式SIMロック解除またはSIMロック解除アダプタを利用することで利用が可能になります。

iPhone 5 シリーズ

iPhone5、5s、5cは非公式SIMロック解除または、SIMロック解除アダプタを利用することで利用が可能となります。

iPhone 4 シリーズ

iPhone 4、4sはmineoでは非公式SIMロック解除または、SIMロック解除アダプタを利用しなければ使えません。

iPhone 3G シリーズ

iPhone3GやiPhone3GSはmineoでは非公式SIMロック解除または、SIMロック解除アダプタを利用することで使用可能になります

 

mineo【マイネオ】の格安SIMカードに関するまとめ

mineo【マイネオ】はメジャーな格安SIMカードの中で唯一、公式にauのiPhoneで利用できる格安SIMカードです。auで購入したiPhoneをメジャーな格安SIMカードで利用する場合は、現在、mineo【マイネオ】一択となります。とは言え、選択肢が他に無く仕方なくmineo【マイネオ】を利用するイメージとは全く違います。実用的な通信速度があり、安定しているため通常のインターネット利用では全く問題ありません。また、mineo【マイネオ】では@mineo.jpのメールアドレスをもらうことができるので、格安SIMカードで良くネックになりがちなメールアドレス問題の心配も少なくて済みます。

mineoを使うとauを使っている時の料金よりもなんと毎月約5,000円も安くなります。多くの人が高額な料金でiPhoneを使い続けていますが、幸運にもみなさんは毎月大幅に安くなった料金でauのインターネットと変わらない通信を利用することができます。大きな節約は格安SIMカードを利用することから始まります。

auのiPhoneを使っている人が乗り換える格安SIMカードの中では当然No.1の人気を誇っています。多くの方がmineoに満足しmineoを利用し続けています。ランキング等でも満足度が1位を獲得するなど、信頼性、安定性、料金の安さなど多くの魅力を兼ね揃えた格安SIMカードauのiPhoneで格安SIMカードを利用するならmineo【マイネオ】で決まりです!

mineo【マイネオ】の公式サイト

mineo【マイネオ】の格安SIMカードが気になった人は公式サイトを確認してみましょう。

  • 公式ページ:mineo